HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問

新築時、家を建てる前のシロアリ対策

しろあり被害の兆候があればご相談ください!

topimages

 

現代的なデザイン、耐震性の問題や費用の問題など、
「家を建てる」つまり新築する際に重視することは何でしょうか?

住人の方それぞれのこだわりがつまった住宅、
そんな大事な住宅を出来るだけ長く保ち、安心、快適に過ごせる家にするには
新築時や普段の生活の中でどのように過ごせばよいのでしょう。

新築するとなると、外観や間取り、生活の利便性など
さまざまなことを考慮するのではないでしょうか。

一度家を建て、やっぱりこうすればよかったなど
費用のことを考えると簡単に構造を変更することは出来ません。

そこで案外忘れられがちなシロアリ対策。。。
新築時のシロアリ対策をしっかりとやっていますか?

P1050696 IMG_5182 ari2

 

新築時のシロアリ予防

日本では火災の約10倍の被害が発生していると言われ
実は地震、火災などの災害に次ぐと言われているのがシロアリ被害です。
年間約1000億円以上のシロアリ被害にともなう費用が発生しています。

iearihigai5 iearihigai6

シロアリ被害は普段の生活の中で発見できたり、
建物を外から見て簡単に発見できるようなものではないため、
気付かないうちに床下の木材や柱など、
重要な部材が食害されていた…ということが非常に多いのです。

その結果、駆除や修理にともなう費用がかさんでしまったり、
精神的な面でも負担がかかってきたりするものです。

現在は新築物件を購入した際や、新築された際に
「シロアリ予防消毒」を行うことが一般的となってきています。

(シロアリ予防についてはコチラ)
(シロアリ駆除・予防 工事当日の流れについてはコチラ)

シロアリの予防とは、シロアリ被害を未然に防ためのもので
大切な家を守るために、非常に重要なことです。

現在のシロアリ薬剤の効果は約5年となっているため
5年毎にシロアリ予防を行うことでシロアリ被害から家を守ることが出来ます。

もちろん相手は生き物ですので、100%とは言い切れませんが
弊社では「5年保証」をお付けしており、
1年に1度の定期点検で、シロアリの生息を確認した場合、
無料で再施工させていただきます。

(株)熊本美水の5年保証
無料で再施工  保証期間中(施工日から5年間)にシロアリが発生した場合は無料で駆除施工を行います 。
上限1000万円の損害補償  保証期間中に発生したシロアリによって家屋が損害した場合は1000万円を上限に現状回復費用を負担します 。
アフター
サービス 
1年に1回、シロアリ生息の確認、水漏れチェックや基礎部分の安全確認、床下の清掃など定期点検を無料で実施します。 
施工前後の写真  見えない床下の工事現場の施工前後の写真を
施工後に郵送します。 

(安心の5年保証つき!再発時には無償で再施工についてはコチラ)

select_0711

定期的に点検やメンテナンスをしておくことで
被害を早期に発見することが出来たり、早期対策をすることが出来ます。

住宅などの建物だけに限らず、人間が作り出したものを維持するには
定期的にしっかりとメンテナンスすることが必要です。

(シロアリ防除-無料点検・駆除・予防についてはコチラ)
(シロアリ駆除-お問い合わせから作業終了までの流れについてはコチラ)

 

シロアリ被害に対処しやすかった昔の家

かつての日本の家は、日本の気候風土に合わせ
部材が露出し、風通しもよく日常的なメンテナンスが容易に出来る造りでした。

床下の空間は広く、子ども達が鬼ごっこやかくれんぼをして遊べたり、
夏になると犬が昼寝をする姿なども見られていました。

昔の家

特に昔から広く分布していたヤマトシロアリには
非常に対処しやすい家の造りだと言うことができたでしょう。

しかし1923年、首都圏を襲った関東大震災後、
耐震性を考慮されていない建物が崩壊したことが問題となり、
耐震性を増すために、建築基準法が改められました。

こうして現代の、床下がない家や床下がとても低い家など
コンクリートで基礎を囲むような布基礎工法などに変化したり、
高気密高断熱住宅が主流となってきています。

時代の流れとともに、わたし達が快適に住めるように
取り入れられた新しい技術ですが、やはり欠点はあります。

現在の住宅は、柱や土台が壁の中にあることが多く、
直接触れることも、目にすることも簡単に出来なくなった造りが多く、
住人の方が早期のシロアリ発見をすることが難しくなってきます。

 

シロアリから家を守るためには

シロアリの被害から家を守るためには
「シロアリ予防消毒」を行うしかありません。

もちろん普段の生活の中で注意することで
シロアリ被害を出来る限り防止することは可能です。

(自分で出来るシロアリ予防についてはコチラ)
「新築だからシロアリの被害にはあわないんでしょ」
以前、このようなご相談を受けたことがあります。

他にも
「ウチは木造住宅じゃないから大丈夫」
「RCや鉄骨はシロアリには強いんでしょ」
などと、思い込んでいるお客様もいらっしゃいます。

答えはNOです。

シロアリは畳や書籍、段ボールや断熱材など、
住宅に使用されている木材の他にもさまざまなものを加害します。

さらに、軽量鉄骨造やマンションでも木材を使用している部分はあるため
シロアリの被害とは無縁なわけではありません。

基本的には湿気が多く、柔らかい木材を好んで食害しますが
そのエサとなる木材に辿り着くまでにある障害物を
本能的にかじりながら前へ前へと進みます。

(軽量鉄骨やRC造でもシロアリの被害に!についてはコチラ)

床下がないマンションなども、土の中にいるシロアリは
コンクリートのわずかな隙間やひび割れ部分から簡単に侵入してきます。

土壌と木部が近い場所はシロアリの被害をうけやすい傾向にあり、
これは戸建の玄関で被害が多いのと同じ理由です。

(シロアリ被害が多い場所についてはコチラ)

シロアリ被害が多い場所の特徴 
湿気が多い 
比較的暖かい 
日当たりが悪い 
風通しが悪い 

シロアリの被害は、家の北側が多く、
特に台所・浴室・洗面所・トイレ等の水廻りの
床下の土台や柱などに被害が集中しやすくなっています。

さらに玄関まわりも被害が多い場所となっています。
さきほど説明した通りシロアリの生息している土壌と、
玄関の戸や柱などの木部が近い場所に位置しており
地面から最も近いエサ場として
シロアリが直接辿り着きやすい個所となっています。
新築時であろうと、軽量鉄骨造だろうと、床下がコンクリートであろうと
どんな住宅でもシロアリの被害にあう可能性はゼロではありません。

シロアリは北海道の一部を除く日本全国の土壌に生息しています。
そのシロアリが住宅へ侵入してこないように
「予防消毒」をし、定期的に床下の点検や建物周辺の調査をし
早期発見できるようにしておきましょう。

また新築する際は住宅を点検しやすい構造にすることも大事です。
被害が発生してからの駆除を考えるよりも
日本全国どこにでも生息するシロアリが侵入しても
対処しやすい家づくりをすることも大切です。
もちろん外観や費用の問題など、新築する際には
さまざまなことを考えていかなくてはならないのですが、
是非シロアリ専門の業者に相談することも忘れないでください。

出来ることならシロアリ被害が出る前に予防をしておいた方が
建物のため・出費を考える上では得策だと、当社では考えています。

(新築・リフォームでのシロアリ対策についてはコチラ)

 

住宅を建てる前の対策

住宅を建てる前の、旧住宅にシロアリの被害があった場合、
家屋の取り壊しの前に駆除を行った方がいい場合もあります。

特に千葉県以西の海岸線に沿った温暖な地域に生息する
「イエシロアリ」の被害があった場合は、
新築の住宅にも被害が発生しやすいようです。

(侵略的外来種ワースト100!イエシロアリについてはコチラ)

イエシロアリは世界でも最も加害が激しいと言われており
大規模な被害をもたらしやすい種です。

集団の数も多いため、完全駆除を行った上での新築が良いでしょう。
また、定期的に点検することも大事です。

これから新築する際や、消毒から5年以上経過している住宅、
一度も点検をうけたことがない住宅など
ご相談やお困りの際にはお気軽にご連絡ください。

 

syatyou01

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
羽アリ・シロアリの無料点検で大切なお住まいの状態を把握されておけば安心です。
点検についてはシロアリ防除の資格保有者がお伺い致します。
デジカメで床下の状況を写真に撮り、テレビで確認が出来、
お客様に分かりやすい詳細の説明を致しますのでご安心下さい。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

☆ 更に満足の4つの安心
※1年に1度の定期点検 (5年間無料点検・報告書作成・デジカメによる確認)
※1000万シロアリ保証付き(業界最高水準)
※シロアリ再発時・無料再消毒
※施工前後の施工写真付き
社団法人:日本しろあり対策協会認定のしろあり防除資格者がお伺い致します。

simulator

(対応地域):熊本市・合志市・菊池市・荒尾市・玉名市・山鹿市・阿蘇市・宇城市・宇土市・八代市・水俣市・人吉市・上天草市・天草市・上益城郡益城町・山鹿市・美里町・玉東町・南関町・長洲町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・鏡町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・多良木町・球磨村・あさぎり町・苓北町その他熊本県内全域対応

(県外対応地域):福岡県一部(大牟田・八女)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策マニュアルへ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら