HOME
熊本シロアリ駆除.com 害虫害獣駆除専門|株式会社プログラント 福岡・佐賀・熊本対応 会社概要 料金一覧 施工までの流れ よくある質問

放っておくと大変危険!アライグマの被害について

「天井裏からドタドタうるさい動物の足音が聞こえる!」と思ったあなたは、ネットで調べた結果「アライグマ」の仕業では?と疑ったのではないでしょうか?
しかし屋根裏に上ってみるのは怖いし面倒、でも業者に頼むとお金がかかるし…
ということでとりあえず様子見…と考える方もおられるかもしれません。

しかしアライグマの被害を放置し続けるとさまざまな被害が発生します。
今回はアライグマによる被害について詳しく解説いたします。この記事を読めば、家に侵入したアライグマを放置し続けることが、どれだけ危険かおわかりいただけるかと思います。

放っておくと大変危険!アライグマの被害について

アライグマの被害について

アライグマ

こちらの写真を見るとアライグマはとても可愛らしくて、こんなかわいい動物が人間に危害を加えるのかと思う方もいるかと思います。

しかしアライグマはその愛らしい見た目に反してとても凶暴で攻撃的な動物なのです。
またあまり警戒心がないため、人里や住宅街にやってきて、人間の住居にも平気で入り住処にします。そして様々な被害をもたらします。

そんなアライグマの侵入被害にはどんなものがあるか、ひとつひとつ説明していきたいと思います。

足音などによる騒音被害

騒音

アライグマは家屋に侵入する害獣の中でもかなり大きい部類に入り、足跡などの騒音は「ドタドタ」とかなり大きくなります。
騒音にびっくりして子どもがその部屋に入りたがらないということも伺います。

またアライグマは主に夜間に活動する夜行性の動物です。
人が寝静まる時間になると活発に活動し、天井裏をドタバタと走り回り、睡眠を阻害します。

あまりのうるささや、アライグマが天井から落ちてくるのではという恐怖から、睡眠障害やノイローゼになる場合もあります。

糞や尿などの被害

アライグマの糞

アライグマは直径2~3cm、長さ5~18cm程度の糞(フン)をします。
個体が大きいのでその糞もイタチやテンなどの他の害獣と比べると大きいです。
糞の中には動物の骨や昆虫の羽、種などの断片が含まれていることが多いのも特徴です。

アライグマはイタチなどと同様に、特定の場所で排泄をする「溜め糞」を行う習性があります。
屋根裏のアライグマを放置していると、この糞や尿が短期間でどんどん溜まっていき、天井にシミを作ります。最悪の場合、天井の板が腐って抜け落ちることもあります。

またアライグマは雑食なので、その糞尿はとても臭いにおいを発します。
天井裏から動物の足音がしていたが、しばらくすると音がしなくなったので様子見をしていたところ、臭いにおいがしだして、その臭いに耐えられず駆除を依頼される方もおられます。

感染症による被害

感染症イラスト

アライグマの被害で人間の生命にも関わる危険性として、感染症が挙げられます。

アライグマは「アライグマ回虫症」「狂犬病」「レプトスピラ症」などの人獣共通感染症のキャリア動物でもあります。

※キャリア動物とは無症候性キャリアともいい、病原体に感染していながら、明瞭な症状が現れず、その感染症を伝染させる恐れのある動物のことをいいます。

アライグマは非常に気性が荒く、攻撃性が高い動物ですので、うかつに近づいた場合に噛まれてしまう恐れがあります。そういった場合に以下のような大変危険な病原菌に感染する可能性があります。

アライグマ回虫症

「アライグマ回虫症」とは、アライグマが保有している「アライグマ回虫」が引き起こす感染症です。
アライグマ回虫は、人間に感染した場合、中枢神経に入り炎症反応などを引き起こし、重篤な神経疾患を引き起こす場合もあります。
まだ日本では死亡例は報告されておらず、人への感染はまれといわれていますが、注意する必要はあるでしょう。

狂犬病

狂犬病とは毎年約5万人の犠牲者を出している感染症で、ワクチン接種をしていない状態で発症した場合、ほぼ100%死に至る感染症です。
日本では1957年を最後に発症は確認されていませんが、北米ではアライグマに噛まれたことが原因で狂犬病にかかるケースが報告されています。

国内でも人間への感染が報告されていませんが、狂犬病を保有しているアライグマが存在しないというわけではありませんので、絶対に噛まれることなどないよう十分注意が必要です。

レプトスピラ症

日本でも感染例が報告されている感染症で、野生のアライグマから感染も報告されています。
病原性レプトスピラを保有しているアライグマなどの尿で汚染された土壌や水に触れた際に、皮膚や粘膜より体内に侵入し感染します。
潜伏期間は3~14日ほどで、悪寒、体の震え、高熱、筋肉痛、倦怠感、眼球結膜の充血などを発し、場合によってはその4,5日後に黄疸や出血、肝臓、腎臓障害などの症状が出る場合もあります。重症化した場合の致死率は5~50%とされています。

このようにさまざまな病原菌への感染の恐れがありますので、
アライグマを見かけたとしても決して近づかないようにし、万一噛まれたり、引っ掻かれたりした場合は、速やかに消毒し、医療機関に行くようにしましょう。

断熱材や天井裏の損傷

荒らされた断熱材

アライグマは断熱材を寝床や繁殖のために使用します。アライグマが侵入した天井裏の断熱材は、
引っ掻かれたり破かれたりしてボロボロになってしまい、その機能を果たさなくなってしまいます。
また屋根裏の梁(はり)や柱などの木材が糞尿により腐食したり、かじられ損傷したりします。

ノミ・ダニなどの寄生虫によるアレルギー等の被害

マダニ

アライグマの身体にはノミやダニなどがたくさん寄生しております。
その寄生虫が室内にも侵入し、人間を吸血のため刺咬(しこう)し、アトピーなどのアレルギー性皮膚炎や喘息などの症状を悪化させたりします。

農作物などへの被害

アライグマが食べたスイカ

アライグマは雑食性でとても食欲が旺盛なので、庭の畑などの農作物を食い荒らします。
スイカ、トウモロコシ、メロン、カボチャ、ナス、トマトなど様々な野菜・果物の被害が報告されています。その被害額は年間3億3千万円以上(2016年度、農林水産省調査)といわれています。

アライグマは他の害獣に比べ手足の指が長く、スイカなど皮の硬い野菜・果物を食べる場合は、上の写真のように器用に穴を開けて中身をくり抜くように食べるのが特徴です。

生態系への影響

家屋そのものの被害ではないですが、アライグマによる生態系への影響が懸念されています。

アライグマは小型哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、甲殻類、昆虫類、貝類など幅広い動物性のものも好んで食べます。
タヌキやニホンイタチなどの日本の固有種であればさほど影響はないのですが、アライグマは北米原産の外来種であるため、日本の生態系に影響を与える恐れがあります。

実際にニホンザリガニやエゾサンショウウオ、ニホンイシガメなどの日本固有の生物の捕食事例が報告されています。
また、アオサギやフクロウなどの鳥の巣を襲ったり、同じエリアにいる他の動物を追い出したりしてその土地の生態系を破壊したりします。

山などでアライグマに場所を追われたイタチやハクビシン、テンなどの害獣が人の住む場所に降りてきて、家屋に侵入する場合もあります。

ペットや家畜への被害

ニワトリ

また家で飼っているペットや家畜への被害もあります。
餌を食べ漁ったり、ペットや家畜自体に襲いかかったり、小型のペットや家畜の場合は捕食されてしまうこともあります。

文化財への被害

またアライグマは一般の家屋だけではなく、寺社仏閣などの文化財への被害も、全国で数多く報告されています。当社でもお寺や公共の古い建築物のアライグマなどの害獣駆除の依頼をよくいただきます。
天井裏だけではなく、柱や木像などを引っ掻いたりと貴重な文化財にも被害を及ぼします。
また古い木造建築物はアライグマなどの害獣が中に入り込む隙間が多く、被害にあいやすいといえます。

アライグマを追い出すためには

このように家屋や人体に多くの被害を発生させるアライグマは、早急に追い出す必要があるといえます。
ではどのように追い出すのか簡単にご説明いたします。

なおアライグマなどの害獣は「鳥獣保護法」という法律で守られているため、無許可での捕獲や駆除はできませんのでご注意ください。

追い出し

狩猟免許がなく捕獲や駆除が出来ないのであれば、まずはアライグマを天井裏から追い出す必要があります。

アライグマを追い出すには「忌避剤」という薬剤を使用して追い出します。
「忌避剤(きひざい)」とはアライグマなどの害獣が嫌う臭いや成分の入った薬剤で、近寄らせないようにするために使用します。
ホームセンター、もしくはネット通販などで検索すると固形や粒状、液体のものなどさまざまなものが売られていますので、利用してみましょう。

侵入口の封鎖

ただ追い出しただけでは忌避剤の効果が切れたときに、また同じところから侵入してくる恐れがあります。
そのために侵入してきているであろう隙間を塞ぎ、再侵入させないようにする必要があります。にパンチングパネルや金網、なんばん漆喰(しっくい)などを使用し、徹底的に塞ぎます。

アライグマ防除(パンチングパネルによる施工)
パンチングパネルによる施工

アライグマ防除(なんばん施工)
なんばん漆喰による施工

まとめ

今回は主にアライグマの被害についてお伝えしました。
アライグマは夜行性なので、普段あまり人の前に姿を見せることはないかと思います。
また基本的には臆病な性格ですが、繁殖期や子育ての時期は攻撃的になっていますので、もし見かけた場合でもむやみに近づきすぎないようにしましょう。

アライグマが既に侵入してしまった場合、いち早く追い出したいと考えると思いますが、追い出しと侵入口の封鎖を完璧に行うには専門的な知識が必要となります。
また糞尿などで汚染された天井裏を清掃・消毒するには危険が伴います。
もし屋根裏でガタゴト物音がするなど、アライグマ等の害獣の侵入の兆候を感じたら、お早めに害獣駆除専門の業者にご相談ください。

当社では無料で調査・お見積りを行っておりますのでご安心ください。
経験豊富な害獣駆除のプロが、アライグマが二度と戻ってこれないよう対処し、荒らされた屋根裏なども元通りにいたします。

お問い合わせバナー

この記事を監修した専門家
顔写真  
害獣駆除のスペシャリスト
後藤 大輔
   

【取得資格】
 ペストコントロール技術者・わな猟 狩猟免許・
 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者
【担当者コメント】
 豊富な経験と知識で、再発のない丁寧で迅速な対応を心掛けています。
 アライグマ・イタチ・ネズミ・コウモリなど
 あらゆる害獣のお悩みならお任せください!


アライグマ駆除料金のご案内

アライグマ駆除価格
アライグマ駆除 12,000円~(税込13,200円~)
最長5年間の保証付き(再発した場合は無償で再施工を行います)

対応エリア

◆熊本県
荒尾市・玉名市・玉名郡(玉東町・南関町・長洲町・和水町)・山鹿市・菊池市・合志市・菊池郡(大津町・菊陽町)・阿蘇市・阿蘇郡(南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村)・熊本市(中央区・東区・西区・南区・北区)・宇土市・宇城市・下益城郡(美里町)・上益城郡(御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町)・八代市・八代郡(氷川町)・水俣市・葦北郡(芦北町・津奈木町)・人吉市・球磨郡(錦町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・山江村・球磨村・あさぎり町)・上天草市・天草市・天草郡(苓北町)

◆佐賀県
佐賀市・唐津市・鳥栖市・多久市・伊万里市・武雄市・鹿嶋市・小城市・嬉野市・神埼市・神崎郡(吉野ヶ里町)・三養基郡(基山町・上峰町・みやき町)・東松浦郡(玄海町)・西松浦郡(有田町)・杵島郡(大町町・江北町・白石町)・藤津郡(太良町)

◆福岡県
筑紫野市・久留米市・広川町・八女市・大木町・筑後市・大川市・柳川市・みやま市・大牟田市・朝倉市


交通アクセス

株式会社プログラント 熊本本店



株式会社プログラント 佐賀営業所


この記事をSNSでシェア!
記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...
※蜂駆除は調査費を頂いております。

ショッピングローン 最長60回払いまで可能になりました。

当店でペイペイが使えます。PayPay残高で最大50万まで支払い可能です。

代金はクレジットカードでもお支払いいただけます。マスターカード・VISA・アメリカンエクスプレス・JCB・ダイナースクラブ

LINEで相談する 友だち追加する

LINE@で相談する 友だち追加する
pagetop sitemap
料金シミュレータ 無料相談はこちら