HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
他社とは違う!熊本美水のイタチ駆除

徹底的な調査と駆除でイタチを完全にシャットアウト

まずは被害状況の確認とイタチの侵入経路を明確に把握することから始めます。
しっかりと調査を行わなければ、状況のご報告や見積りを提示することができませんので、
他社ではあまり調査しないような床下や天井裏など徹底的に調査していきます。

イタチが営巣しているであろう天井裏や床下、屋根の上、建物の外周などは、
普段住人の方が直接見ることができない場所であることが多いため、
デジタルカメラで撮影し、テレビやタブレット端末に接続し実際の侵入口、被害状況等をお見せした上で丁寧にご説明いたします。

2年間の保証付きで充実のアフターサービス

お客様が最も気になることが、もしも再侵入された場合はどうするの?ということではないでしょうか。

当社では2年間の保証をお付けしております。
施工完工日から2年間の保証期間中にイタチが再侵入した場合の無償対応を保証いたします。

もちろん保証物件内でのイタチによる足音や悪臭、鳴き声、糞などがあり気配がある場合は
無料で調査にお伺いさせていただきますので、施工後も安心して過ごしていただくことが出来ます。

施工写真のサービス

イタチは天井裏や床下、屋根の上など普段お客様が見えない場所での作業が多くなります。
直接お客様ご自身が確認できないような場所での作業ですので、
実際の被害はどんな状況なのか?きちんと作業はしてあるの?という心配が当然ついてくるでしょう。

当社では調査時にデジタルカメラで被害状況や侵入口を撮影し、
実際の施工状況も、侵入口の穴塞ぎ、清掃などは工事前、工事後に撮影しております。
施工写真をご希望のお客様には、出来るだけ状況を確認できるよう写真を印刷してお渡ししております。

イタチの生態

「イタチ」はネコ目 イタチ科 イタチ属に含まれる哺乳類の総称です。

shutterstock_104832434

沖縄を除いた日本全国に生息しています。
主な生息域は、平野部から低山にかけてですが、川沿いの集落では山奥にまで生息域を広げています。
近年では人家に棲みつくケースが急増しています。

人家は1年中快適に過ごせるように天井裏や壁の中に断熱材が敷き詰められ安定した保温性をもつことや、イタチにとってもエサが豊富で、天敵にみつからずに巣をつくることが出来て 安心して子育てを行うことが出来るなど、イタチが棲みやすい環境となっています。

イタチのメスの捕獲は禁止!

日本国内における鳥獣の保護及び管理と狩猟の適正化を図る目的で「鳥獣保護法」「狩猟法」などの法律があります。
生物多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の発展を通じて、自然環境の恩恵を受ける国民生活の確保及び地域社会の発展を目的としているものです。

日本には「ニホンイタチ」と「チョウセンイタチ」の二種類が生息していますが、どちらの種類もメスの捕獲は狩猟期間内であっても禁止されています。

ニホンイタチ

ニホンイタチ

ニホンイタチは、ネコ目イタチ科イタチ亜科イタチ属に分類されるイタチで、
日本全国に分布しますが、北海道へは人為的な移入とされています。

基本的には年に1回、春頃に繁殖期を迎えますが、九州では年2回繁殖する例もあります。
1度に1~8匹、平均で4、5匹を出産し、子育てはメスのみで行います。

成獣の大きさがオスとメスで異なり、オス:30~37cm、290~650g
メス:20~27cm、110~180gで、オスはメスの1.5~2倍程の大きさとなっています。

口元は白色で、その上部から目の周りにかけては黒色となり、明瞭なコントラストをつくっています。

チョウセンイタチ

チョウセンイタチ

チョウセンイタチは、食肉目イタチ科イタチ属に分類されるイタチで、
日本での自然分布地域は対馬のみですが、他の地域の分布は、
1930~1950年頃に朝鮮半島から船に紛れ込んで持ち込まれた説や、
毛皮の業者が養殖のために持ち込んだものが逃げ出して野生化した説などがあります。

ニホンイタチと同様、繁殖は年に1回春頃で、九州では年2回繁殖することが確認されています。
1度に2~12匹程出産し、チョウセンイタチは子育てはオスも行います。

ニホンイタチよりも体がやや大きく、尾が長いことが特徴で、
オス:28~39cm、650~820g メス:25~31cm、360~430gで、
口元からあごの境にかけてくっきりした白斑があります。

イタチの被害

イタチは家屋の天井裏に侵入し、そこで営巣し活動することが多くあります。

夜行性のため、人間が寝静まる頃から活発に動き出し、騒音被害が発生します。
イタチがドタバタと動き回ることで、天井が歪んでしまうなど住宅の損傷も発生することがあります。

騒音や住宅の損傷を引き起こすだけでなく排泄物も問題です。
イタチは一定の場所にまとまって排泄する習性があるため悪臭やシミのもとになります。
排泄物には非常に多くの病原菌があるため、さまざまな感染症や食中毒の原因にもなります。

さらにイタチ自身は、他の動物とは違う独特の嫌なニオイを発します。
そればかりか、身の危険を感じると黄色い液を分泌して、さらに悪臭を放ちます。

またイタチはダニノミを寄生しているため、それが家中に飛び散り
それによって痒みや喘息などのアレルギー症状が引き起こる場合もあります。兆候
特に乳幼児や老人、女性などは刺されやすいため肉体的、精神的にも被害は甚大です。

その他にも生ごみや食品を荒らされたり、ペットや家畜などの食害、
断熱材を破り住宅内に巣をつくることも多く、侵入口が破損する場合もあります。

IMG_5810 IMG_5557

ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策マニュアルへ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら