HOME
熊本シロアリ駆除.com 害虫害獣駆除専門|株式会社プログラント 福岡・佐賀・熊本対応 会社概要 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新のアイコン 更新

家に被害を及ぼす害獣ワーストワン イタチの生態を詳しく解説します!

イタチ
日頃、イタチの駆除を専門に行っているものからすると、当然イタチの生態については十分把握しております。
しかし一般の方にとっては、家の天井裏などに動物などの気配を感じたとしても、それがイタチの仕業であると認識するのはなかなか難しいですよね。

まずは家の害獣ワーストワンであるイタチが、どのような動物なのか知ることが大切です!
この記事ではイタチの外見の特徴から生態について詳しく解説していこうと思います。

イタチの概要

イタチ(鼬、鼬鼠)とは、ネコ目イヌ亜目クマ下目イタチ科イタチ属に含まれる哺乳類の総称です。
オコジョ、イイズナ、ミンク、そして、ペットとして人気のあるフェレットもイタチ属になります。

日本では「イタチ」という言葉は、国内に多く生息する「ニホンイタチ」のことを指していました。現在では形態や生態のよく似た「チョウセンイタチ」を含めて「イタチ」と呼んでいます。

もともとは山地や水辺などにいたものが人里におりてきて、農村の作物や家畜などに被害を及ぼしていました。

そして都市部などの人家の周りにも生息域を広げ、住宅に侵入して巣をつくり、騒音・異臭などの被害をもたらすようになりました。

日本のイタチの分布と身体的特徴について

日本のイタチについて

日本に生息するイタチ属に属する動物は、4種7亜種います。
(チョウセンイタチとアメリカミンクは外来種になります。)

  • 比較的大型のイタチ
    ・ニホンイタチ
    ・チョウセンイタチ
    ・コイタチ
    ・アメリカミンク
  • 小型で高山部にしか生息していないイタチ
    ・イイズナ(キタイイズナ、ニホンイイズナ)
    ・オコジョ(エゾオコジョ、ホンドオコジョ)

その中で、家屋に被害をもたらすのは、主に在来種の「ニホンイタチ」と、外来種の「チョウセンイタチ」になります。

イタチの分布

在来種であるニホンイタチは北海道、本州、四国、九州と日本全土に幅広く分布しています。

外来種のチョウセンイタチは、毛皮獲得のために持ち込まれたものが逃げ出して、現在では九州、四国、本州中部地方以南と西日本を中心に分布しています。

もともと全国的に生息していたニホンイタチですが、身体が一回り大きいチョウセンイタチに山間部へと追い出されてしまいました。
実際に九州など西日本で捕獲されるイタチのほとんどが、チョウセンイタチとなっています。

イタチの身体的特徴

体型は細長く、脚は短く、太い尾を持っています。

顔立ちは、鼻先がとがっており、丸くて小さな耳があります。

毛色は茶褐色から黄褐色で、目の周辺から鼻先にかけては黒に近い褐色、鼻先から顎にかけては白色となっています。

成獣の大きさはオスのほうが大きく、メスのほうが小さいです。日本に生息する哺乳類の中ではオスとメスのサイズが大きく異なるのが特徴です。

チョウセンイタチとニホンイタチは非常に似ておりますが、
見分けるポイントは以下のとおりです。

  • ・チョウセンイタチはニホンイタチよりも体ひとまわり大きく、毛が粗い
  • ・チョウセンイタチのほうが、口元の白い部分がはっきりしている
  • ・身体に対する尾の占める割合が、チョウセンイタチは半分以上、ニホンイタチは半分以下である

実際に両方を同時にみることはないでしょうから、確実な見分け方は「尾の占める割合」が決め手になると思います。

両方を比較してみることはないと思いますし、体長は個体差がありますので、
一番確実に判別する方法は「身体に対する尾の占める割合」かと思います。

ニホンイタチ チョウセンイタチ
ニホンイタチ チョウセンイタチ
体長 オス 27~37cm
メス 16~25cm
オス 28~39cm
メス 25~31cm
尻尾 体長の半分以下 体長の半分以上
体重 オス 290~690g
メス 140~300g
オス 650~820g
メス 360~430g

 

イタチの生態について

イタチの分布と外見の特徴について確認できたかと思いますが、イタチとはどのような動物なのでしょうか?
その生態についてまとめてみました。

イタチの生活スタイル

イタチの主な活動場所は平野部の草地、川や湖沼、湿地、沢などの水辺ですが、
低地の田畑や人家の周辺、山岳地帯にも生息しています。

イタチは日中に活動することもありますが、基本夜行性です。
そのため家の中に侵入すると、人が寝静まる頃にドタバタと屋根裏を走り回り、住んでる方を不安に陥れ、ストレスとなります。

野生動物の多くは冬になると冬眠をしますが、イタチは冬眠をしません。
寒い雪の中でも活発に活動しているところが目撃されることもあります。

イタチは基本的に単独で生活を行います。
ニホンイタチはメスのみが育児しますが、チョウセンイタチはオスも育児を手伝います。

イタチの寿命

イタチの寿命は定かではありませんが、飼育下で1.4年、野生では平均1.9年と、意外と短命だと言われています。
(チョウセンイタチは飼育下で8.8年生きたという報告があります。)

イタチの繁殖

イタチの繁殖期は年に1回で、3月~5月頃の暖かくなってきた頃に交尾をし、その1ヶ月後に平均で5、6頭(最大で8頭ほど)出産します。九州では年に2回繁殖する例もあります。
子育て期間は2、3ヶ月ぐらいで、生後70~80日ぐらいで大人と同じぐらいの体重になります。
8月頃には親と別れて子どもたちだけで行動するようになり、10月下旬頃から単独生活をします。

イタチが家の屋根裏に侵入しねぐらとしてしまった場合、断熱材を荒らされたり糞などの被害が発生します。
繁殖期でイタチの数が増えてしまう前に対策を取る必要があります。

荒らされた断熱材
イタチに荒らされた断熱材

イタチの性格

フェレットなど同じイタチ科の動物がペットとし飼われているので、おとなしい性格だと思われがちですが、
イタチは非常に獰猛で攻撃的な性格です。
不用意に近づいて刺激すると、鋭い爪で引っ掻かれたり、噛みつかれたりしますので、見つけたとしてもむやみに近づかないようにしましょう。

イタチの鳴き声

「キーッ!キーッ!」や「クククク!」と非常に甲高い声で鳴きます。
想像以上に鳴き声は大きく、飼育するには向きません。
(そもそも野生のイタチは「鳥獣保護法」によって飼うことは禁止されています。)

 

イタチの食性

イタチは基本的に雑食性ですが、主に肉食を好み、ネズミなど小型のほ乳類や鳥類を捕食します。
他にも卵や雛、昆虫類やカエルなどの両生類も食べます。水に入り、ザリガニやカニなどの甲殻類や魚類を食べることがあります。
また、ヤマグワやサクラ、ヤマブドウ、マタタビの実などの植物質のものも食べることもあります。

家屋や庭に侵入した場合、家畜のニワトリやウサギ、またペットの子犬や子猫が襲われることもあります。

イタチの天敵

タカ

イタチの天敵としてはワシやタカ、フクロウなどの猛禽類の他、キツネや野良猫などの大型のほ乳類が挙げられます。
日本ではオオカミなどの大型のほ乳類が少ないため、イタチが繁殖しやすい環境にあるといえます。

また、イタチの中でもチョウセンイタチがその生息範囲を広げており、ニホンイタチが生息域を追われています。
(西日本でのイタチの被害のほとんどはチョウセンイタチによるものです。)

イタチのフン

イタチのフンは細長く、個体によってさまざまですが約6mm程度です。
フンには水分が多く含まれており、途切れることがなく細長いのが特徴です。
毛や植物の種などが入っている場合が多いです。

イタチの糞害
先程もお話したとおり、イタチは雑食ですが主に肉食なので、そのフンはとにかく臭いです。
本当に鼻を突き刺すような臭さです。

イタチは特定の場所で排泄をする習性があるため、天井裏に糞をされた場合、その場所にシミが出来てしまい、最悪の場合天井が抜け落ちてしまうこともあります。

まとめ~イタチ駆除は専門の業者に依頼することをオススメします~

このような生態のイタチが家に住み着いてしまった場合、以下のようなさまざまな被害をもたらします。

    ・排泄物による悪臭・感染症・天井の腐れ
    ・断熱材・天井裏の破損
    ・足音・鳴き声による騒音
    ・庭で飼育している家畜(ニワトリなど)の被害
    ・寄生虫による健康被害

そして家屋がイタチの被害にあってしまった場合、捕獲、追い出し、侵入口の封鎖、清掃消毒、建物の修復などを行う必要があります。
個人でこのような作業を行うことは可能ですが、大変な手間と場所によっては危険が伴います。
(なお、捕獲には自治体の許可と狩猟免許が必要になります。)
できれば害獣専門の業者に依頼することをおすすめします。

プログラントではまず第一に、徹底した現場の調査を行い、住人の方への状況報告とその状況に応じた最善の対策方法をご提案いたします。
そして狩猟免許やペストコントロール技術者の資格を持った経験豊富なスタッフが駆除から清掃・消毒、修復のすべてを行います。
調査・お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください!

イタチ駆除専門スタッフがあなたのお悩みを解決いたします!!(熊本全域・佐賀全域・福岡県一部)

もし、あなたが

・イタチが天井裏を走り回ってうるさい!
・ゴミ箱を漁られて困っている!
・イタチのニオイに耐えられないのでどうにかしてもらいたい!
・家に入ったイタチにどう対応すればいいのか教えてほしい!
・荒らされた天井裏をキレイにしてもらいたい!

どのような疑問・質問にもすべてお応えします。

株式会社プログラントでは、現地調査・見積を無料で行っております。

まずはメールや電話にてお気軽にお問い合わせください。

※メール受付時間:24時間受付けております。ただし、日曜日・年末年始・夏季休暇期間は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。メールでのお問い合わせに関しましては、回答をお電話でさせていただく場合がございます。

見積もり バナー

この記事を監修した専門家
顔写真  
害獣駆除のスペシャリスト
後藤 大輔
   

【取得資格】
 ペストコントロール技術者・わな猟 狩猟免許・住宅基礎コンクリート保存技術士
 特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者
【担当者コメント】
 豊富な経験と知識で、再発のない丁寧で迅速な対応を心掛けています。
 アライグマ・イタチ・ネズミ・コウモリなど
 あらゆる害獣のお悩みならお任せください!


イタチ駆除料金のご案内

イタチ駆除価格
イタチ駆除 12,000円~(税込13,200円~)
最長5年間の保証付き(再発した場合は無償で再施工を行います)

対応エリア

◆熊本県
荒尾市・玉名市・玉名郡(玉東町・南関町・長洲町・和水町)・山鹿市・菊池市・合志市・菊池郡(大津町・菊陽町)・阿蘇市・阿蘇郡(南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村)・熊本市(中央区・東区・西区・南区・北区)・宇土市・宇城市・下益城郡(美里町)・上益城郡(御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町)・八代市・八代郡(氷川町)・水俣市・葦北郡(芦北町・津奈木町)・人吉市・球磨郡(錦町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・山江村・球磨村・あさぎり町)・上天草市・天草市・天草郡(苓北町)

◆佐賀県
佐賀市・唐津市・鳥栖市・多久市・伊万里市・武雄市・鹿嶋市・小城市・嬉野市・神埼市・神崎郡(吉野ヶ里町)・三養基郡(基山町・上峰町・みやき町)・東松浦郡(玄海町)・西松浦郡(有田町)・杵島郡(大町町・江北町・白石町)・藤津郡(太良町)

◆福岡県
筑紫野市・久留米市・広川町・八女市・大木町・筑後市・大川市・柳川市・みやま市・大牟田市・朝倉市


交通アクセス

株式会社プログラント 熊本本店



株式会社プログラント 佐賀営業所

この記事をSNSでシェア!
記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (25 投票, 平均点: 4.76)
読み込み中...
※蜂駆除は調査費を頂いております。

ショッピングローン 最長60回払いまで可能になりました。

当店でペイペイが使えます。PayPay残高で最大50万まで支払い可能です。

代金はクレジットカードでもお支払いいただけます。マスターカード・VISA・アメリカンエクスプレス・JCB・ダイナースクラブ

LINEで相談する 友だち追加する

LINE@で相談する 友だち追加する
pagetop sitemap
料金シミュレータ 無料相談はこちら