HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新

シロアリ駆除で使用する薬剤とDIYで薬剤を選ぶポイント3つ

シロアリが建物に侵入し、被害が発生した場合は「シロアリ駆除」を行わなければなりません。また、建物にシロアリが侵入しないよう「シロアリ予防」をすることもあるでしょう。

これらの作業を行う際に、「使用する薬剤は安全なのか?」という疑問が生じると思います。

今回はシロアリ駆除(予防)で使用する薬剤の紹介と、DIYで薬剤を選ぶポイントを3つ紹介したいと思います。

シロアリ駆除の薬剤の歴史

一昔前のシロアリ駆除・予防に使われていた薬剤といえば、「クロルデン」という非常に強力な薬剤で、一度駆除の薬剤を使用して消毒するとその家は生涯シロアリ被害を受けないとまで言われたほどでした。

害虫に対してそれほど強力な効果があるということは、もちろん人体にも影響を及ぼすことになります。

そのため1986年(昭和61年)には輸入・製造・使用が全面的に禁止になりました。

その後、クロルデンの代替薬品として、有機リン系殺虫剤が多く使用されました。

しかし、この有機リン系殺虫剤も1997年(平成9年)にはシックハウス症候群の一因として考えられるようになり、安全性の疑問が新聞に掲載されるなど敬遠されるようになりました。

シックハウス症候群とは
住宅に由来する様々な健康障害の総称。主に住宅室内の空気が汚染されたことが原因で発生する体調不良のことを指す場合が多い。室内空気の汚染源の一つとしては、家屋など建物の建設や家具製造の際に利用される接着剤や塗料などに含まれるホルムアルデヒド等の有機溶剤、木材を昆虫やシロアリといった生物からの食害から守る防腐剤等から発生する揮発性有機化合物があるとされている。また、化学物質だけではなく、カビや微生物による空気汚染も原因となりうる。

それ以来は、安全性を重視した薬剤が次々と開発されるようになっています。

現在のシロアリ防除の薬剤は、社団法人しろあり対策協会が安全性と効果を評価し、良いと判断されたものだけが認定薬剤として登録され、販売されています。

最近の安全性の高い薬剤は、食塩をなめるよりも安全なものも多数あります!!

しかし、どんなに安全で良いとされていても使用料を守らず大量に使用したり誤った使い方をしてしまうと問題は発生してしまいます。

弊社のシロアリ防除、または床下点検等は「しろあり防除士」の資格者がお伺い、点検・施工を行っておりますので、安全です。

使用する薬剤の系統

しろあり駆除や予防に使用する薬剤の特性は、系統によっておおよそ同じなのですが、剤型、希釈濃度、一部種類により大きく異なる場合があります。

シロアリ防除の薬剤は、生息するシロアリの種類、お客様のライフスタイル、家の構造、被害の状況により選び方は大きく変わり、知識とこれまでの経験を活かしそれぞれのご家庭にあった最善の選択をご提案いたします。

詳しくはお見積り時や施工時に専門スタッフまでお尋ねください。

フェニルピロール系

高い殺蟻力と遅効性をもっていて、シロアリの呼吸障害を引き起こすことで駆除を行います。

シロアリの体に付着した薬剤が他のシロアリに伝わっていく作用でドミノ効果が期待できます。
だたし、人畜・魚類に対する毒性が高いため使用に関しては注意が必要です。

ドミノ効果とは
昆虫の行動特性を巧みに利用しながら、個体から個体へと薬剤の有効成分を次々に伝播させ、コロニー全体を駆除する効果のことです。

フェニルピラゾール系

少量の薬剤で非常に高い殺蟻力を発揮します。

忌避性がなく、緩やかに作用するため高いドミノ効果が期待できます。
しかし、人畜・魚類に対する毒性が強いため、最近では安全性の短所を補うため、マイクロカプセル化した薬剤が開発されています。
シロアリを駆除する場合、よく利用される系統です。

ネオニコチノイド系

昆虫類に特異的に作用するため、人畜・魚類に対する安全性が極めて高いのが特徴です。

シロアリに対しては正常な刺激伝達が遮断されることで伝達異常を起こし、興奮状態となって駆除を行うことが出来ます。
それに加え、忌避性がなく、比較的緩やかに作用するためドミノ効果も期待できます。

この系統は、ミツバチに対し高い毒性があると報告されておりますが、シロアリの薬剤として使用する場合、屋外で活動するミツバチに影響を与える可能性はないものと考えられます。

水に溶けやすいため、土壌の流出には注意が必要です。

カーバメート系

神経の刺激伝達物質の分解酵素を阻害し、シロアリの駆除を行います。
(シロアリは過剰な興奮状態が続くことで中毒症状に陥り死んでしまいます)

殺虫剤の他に、除草剤などがあります。
熱や光に対する安定性は高いですが、アルカリ成分により加水分解を受けやすくなっています。

このカーバメート系の有効成分であるフェノブカルブは室内の空気を汚染する恐れのあるシックハウスの原因となる物質になる可能性があり、室内濃度指針値が設定されています。

シロアリ防除で使用する薬剤に関しては、有効成分が揮発しにくいようマイクロカプセル化によりカプセル内に成分を閉じ込める工夫がされています。

ピレスロイド系

即効性に優れており、けいれん・麻痺作用を引き起こしシロアリの駆除を行います。

薬剤の量が不十分な場合は、シロアリが組成してしまう場合もあり、使用料の注意や経験等が必要になってくる薬剤です。

また、シロアリはピレスロイド系の薬剤に対し、高い忌避性を示すため散布する際にムラがあると、そのわずかな部分から侵入してきます。

人畜に対する毒性は低くなっていますが、魚類に対する毒性は高いため、河川や池の付近での使用は注意が必要です。

これは除虫菊の花に含まれる殺虫成分であるピレトリン類やこれに似た化学構造を持つものを合成して作られた殺虫剤の系統です。

自分で薬剤を選ぶ時の注意

シロアリ駆除やシロアリ予防は、シロアリの種類や家の構造によっても
方法が違っていたり、被害の状況によっても異なってきます。
きちんとした知識もなく、間違った方法で駆除を行うと
余計に被害を拡大させてしまったり、様々な問題がでてくることが多くなっています。

しかし、「どうしても自分で」という方もおられると思いますので
参考までに自分でシロアリ駆除を行う際の薬剤の選び方をご紹介します。

※ご自分で駆除を行う際は自己責任で行ってください

キクイムシ 被害

 

シロアリ駆除剤を選ぶポイント

○非忌避性
シロアリが好む性質であること
○遅効性
効果が表れるまでに時間がかかること
○伝播性
効果が他のシロアリに伝わって発揮されること

以上のポイントが重要になってきます。

まずは、シロアリの種類を正確にすることです。
日本で被害の多いヤマトシロアリ、イエシロアリなど種類によって
生態や被害の場所、駆除方法も異なってきます。
また、近年被害が増加しつつあるアメリカカンザイシロアリの可能性もあるため
シロアリの種類を特定することは重要です。
(ヤマトシロアリについてはコチラ)
(イエシロアリについてはコチラ)
(アメリカカンザイシロアリについてはコチラ)

イエシロアリ

次にその薬剤をかけて、その場でシロアリが死んでしまうような薬剤は意味がありません。

その場にいるシロアリを退治できても、そのシロアリは群のごくわずかです。
見えない場所に潜んでいるシロアリを退治できなくては根本的な解決にはなりません。

少なくともシロアリが巣に帰るまでは薬剤はシロアリの中で潜伏してもらわなければ
ならないため、出来るだけ時間をかけて効果が表れるものが良いでしょう。

最近ではスプレータイプの駆除剤も販売されていますが
これも使用する際には、遅効性と伝播性があるものを選ぶと良いでしょう。

即効性のある薬剤は、「ここは危険な場所だ」と他のシロアリに伝わり
危険を察知したシロアリ達は他の場所へと移動し、また別の場所を
住処としてしまう可能性もあります。

そうなってしまうと更なる被害が発生し、被害が広がってしまうので
シロアリ駆除の薬剤選びは慎重に行うようにしてください。
※必ずしも即効性のある薬剤が悪いというわけではありません。

弊社では随時シロアリの無料点検を行っております。
各種相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
羽アリ・シロアリの無料点検で大切なお住まいの状態を把握されておけば安心です。
点検についてはシロアリ防除の資格保有者がお伺い致します。
デジカメで床下の状況を写真に撮り、テレビで確認が出来、
お客様に分かりやすい詳細の説明を致しますのでご安心下さい。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

 
☆ 更に満足の4つの安心
※1年に1度の定期点検 (5年間無料点検・報告書作成・デジカメによる確認)
※1000万シロアリ保証付き(業界最高水準)
※シロアリ再発時・無料再消毒
※施工前後の施工写真付き
社団法人:日本シロアリ対策協会認定のシロアリ防除資格者がお伺い致します。

美水社長 イラスト3

(対応地域):熊本市・合志市・菊池市・荒尾市・玉名市・山鹿市・阿蘇市・宇城市・宇土市・八代市・水俣市・人吉市・上天草市・天草市・上益城郡益城町・山鹿市・美里町・玉東町・南関町・長洲町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・鏡町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・多良木町・球磨村・あさぎり町・苓北町その他熊本県内全域対応

(県外対応地域):福岡県一部(大牟田・八女)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策マニュアルへ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら