HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新

【写真あり】ムカデとヤスデ、ゲジゲジの違いについて

この記事では、ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジの違いと見分け方をわかりやすくご紹介します。

梅雨の時期や秋口によく見かけるムカデやヤスデ・ゲジゲジは、見た目の気持ち悪さから人から敬遠されがちな虫たちです。
家や庭先でばったり出くわしたら、刺されないか不安になると思います。

目の前にいる虫は、ムカデなの?ヤスデなの?ゲジゲジなの?と判別できなくてお困りの方、じっくり見たくはないと思いますが、百聞は一見にしかず!まずはこちら3種の写真をみてください。

写真を見たくない方は、次章「ムカデとヤスデとゲジゲジの見分け方と特徴」へ。

写真で見分ける!ムカデとヤスデとゲジゲジ

名前は聞いたことあるけど、実際に見たことがない…という人もいらっしゃると思います。
あらためて見てみると、全く違う形状をしていることに気づくと思います。

ムカデ
ムカデ

ヤスデ
ヤスデ

ゲジ
ゲジ(ゲジゲジ) 出典:http://www.uchinome.jp

目の前にいる虫はどれだったでしょうか?

ムカデとヤスデとゲジゲジの見分け方と特徴

写真を見比べれば、見分け方を知らなくても見分けることができると思いますが、ここに掲載している写真を直視できない人のために、そして写真では分かったとしても実際にみたときにどんな特徴だったかを忘れないために、これから特徴と見分け方をご紹介します。

ムカデの特徴と見分け方

ヤスデとよく間違われるムカデですが、1つの節に1対の脚しかないのが特徴です。

ムカデを「百足」と漢字で書かれるように、多くの節を持ち、オオムカデでは21対(または23対)、多い種では173対あります。

体長は60mm~200mm程度。ヤスデやゲジゲジに比べると大きいです。

普段は草むらや落ち葉、石や植木鉢の下にいますが、夜になるとエサをもとめ、家に侵入することもあります。

小さな昆虫やクモ、ミミズなどを食べる肉食性の虫です。

攻撃性が強く、目が弱いので、触れたものに対して手当たり次第に咬みつきます。

毒を持っており、咬まれると腫れがひどく、強い痛みを伴います。

とても危険な虫なので、決して触れることのないよう注意が必要です。

ヤスデの特徴と見分け方

見た目は「長いダンゴムシ」といったところでしょうか。
刺激すると丸くなるのも、なんだかダンゴムシに似ていますね。

特徴としては、前3つの節より後ろの節は、1つの節に2本以上の脚が生えています。

ムカデに比べ、動きが遅いです。

体長は10mm~25mmほど、ムカデに比べるとかなり小さいです。

毒は持っていません。

そのかわり、危険を感じたときには刺激臭のある体液を出しますが、その体液にふれると痛みが起こる場合があります。

ですので、見つけたら触ったり、踏みつけるのはやめましょう。

ヤスデは5月末~7月初旬、特に梅雨明け時期に多く発生します。

森林周辺の落ち葉、朽ちた木や倒木、石の下など、湿気が多い環境に生息しています。

ちなみに、密封したところにヤスデを入れると自身の毒で死にます。

置くだけでヤスデを寄せ付けない忌避剤です。
「ヤスデブロック」は厚手の不織布にヒバ由来の精油を含むブレンド精油をマクロカプセル状にしてあるので、少しずつ成分が空気中に拡散し、ヤスデの嫌がるニオイを撒き続ける効果があります。
マクロカプセルの技術のおかげで、これまで以上に長期間の約2ヶ月間、忌避効果を持続することが可能になりました。
天然物100%の国産安全品質、化学薬品は一切使用していませんので、子どもやペットのいるご家庭でも安心して使うことができるのでオススメです。

ゲジゲジの特徴と見分け方

ゲジゲジと言われていますが、正式名称は「ゲジ」です。

ゲジゲジの体長は40mm程度。

体長よりも長い触覚を持ち、脚が長く、動きが速いのが特徴です。

夜行性のため、ふだんは石の下や草むらに潜んでいることが多いです。

毒は持っていますが、自ら積極的に襲うことなく、咬まれても人体に影響はありません。

見た目はグロテスクですが、ゴキブリや小虫を捕食してくれる「益虫」でもあります。

今回ご紹介した「ムカデ」「ヤスデ」「ゲジゲジ」の他に「ダンゴムシ」「ワラジムシ」「アリ」などに効果がある忌避剤です。
シャットアウトSEは粉状ですが、「重質粉剤」といって、通常の粉剤より重く作られていますので、散布中に飛散しにくく、作業中に薬剤の吸い込みの心配を軽減されます。
平面に散布した場合は、約100~150㎡(約30~45坪)分を処理することができます。(1㎡あたり20~30g散布した場合)
効果は1~2ヶ月持続しますが、雨や散水で流されれば、効果はこれより短くなります。

まとめ

攻撃的で強い毒を持つムカデ、ダンゴムシのようなヤスデ、見た目より実はいいヤツだったゲジゲジ。

一つの節から生えている脚の本数、脚の長さ、動きの速さなどチェックすることで、目の前にいる虫が何者なのかが分かるようになればと思います。

ヤスデやゲジゲジは襲ってきたりしないので、過度の心配をすることはありませんが、ムカデは強力な毒を持っていますので注意が必要です。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6 投票, 平均点: 4.50)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策研究所へ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら