HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問

栄養価たっぷり!蜂の子やスズメバチ酒について

「スズメバチ」と言えば、わたし達人間にとっては刺されてしまう恐怖の生き物ですが、実は日本には古くから“スズメバチを食べる”という習慣があるのはご存知ですか?

601

食べると言っても、ハチを食料資源として考えた場合、どのようにして、どこまでを食べるのでしょうか。

まず1番に思いつくのが“ミツバチ”が生産するハチミツではないでしょうか。
ミツバチは養蜂が可能で、わたし達人間の生活でもお馴染みのハチミツを生産していることで有名です。

そして、ミツバチだけが生成するローヤルゼリーも見逃せません。
さらに、ミツバチが巣の密閉性を高めるために収集するプロポリスも健康食品として注目されています。

そんなミツバチは、成虫や幼虫をわたし達が食用にしようとしてしまうと、ハチミツの生産効率や、植物の受粉等に影響が出てしまうため、食用には向いているとは言えないでしょう。

「蜂の子」って聞いたことありませんか?

きっと多くの方が、「食べたことはないけど知っている」と言うのではないでしょうか。

日本伝統の昆虫食としての蜂の子は、主にスズメバチ科のものが使用されていることが多いようです。

蜂の子

食用として扱われているスズメバチはほとんどが蛹や幼虫です。

巣をとってきて、中にいる蛹や幼虫を佃煮にして食べる場合がほとんどですが、他にもまだ巣の中にいる若い成虫を捕り、唐揚げにすることもあるようです。

ちなみに、巣はスプレーなどで薬剤処理をしてしまうと食用には適さなくなるため、注意が必要です。

ハチは、煙で燻すと気絶(仮死状態)してしまう習性があるため、この習性を利用して巣ごと捕獲し、巣を解体しながら成虫と幼虫に分けていきます。

shutterstock_101746714 shutterstock_111093623

そして、上の写真のようなところから、ひとつひとつ膜を剥がしながら、ピンセット等で幼虫を取り出していきます。

左の写真のように、もう少しで飛び立っていきそうなハチもいますが、これも食べられるようで、美味しいようです。

ちなみに、地域によってもいろいろな食べ方があるようですが、成虫は油で揚げたり佃煮にしたりして食べるのが一般的のようです。

幼虫と蛹は「蜂の子」として砂糖と醤油で煮付けて甘露煮にして食べたり、塩焼きにしてご飯に混ぜて食べたりされているようです。

気になる味!の方ですが、蛹や幼虫は、ほんのり甘く白子のようだと言われたり、淡白な味なので卵焼きのようだと言われたりしています。そして成虫は、唐揚げ等で食べられることが多いため、食感が楽しめて、噛めば噛むほど旨みが出てくるエビのような感じなのだとか。

8d121a428c1376bf805d464085771a16_s

見た目は少々グロテスクですが、味は確かなようですね (*^^)

現在はこうした蜂の子を食べるなどといったものは、趣味的な要素が強くなっているようですが、以前は一般家庭でも広く、身近に食されていたようです。

古くから、中国や東南アジアなどの地方では、スズメバチの幼虫を貴重なたんぱく源として、山岳地帯を中心に、食用にしている地方があります。

こうした昆虫食文化は、日本でも海のない長野県や岐阜県を中心に、実は現在まで続いているのですが、「いつ頃から食用としてハチを食べているのか」という正確な時期は、不明とされています。しかし、かなり昔から食べていたようです。

長野県や岐阜県など、現在でも一般家庭でハチを食している地域は、周りに海がなく、昔は流通が発達していなかったため、貴重なたんぱく源として栄養を摂取されていたのではないでしょうか。

現在では、蜂の子は缶詰や瓶詰で、高級珍味として販売されています。

スズメバチのお酒もあります!

ハブ酒やマムシ酒などは、聞いたことがあると思いますが、なんと!生きたままのハチを、焼酎漬けにしてつくる「スズメバチ酒」というものもあります。

スズメバチと言えば、ハチの中でも大型で、攻撃性が高く、毒もあって危険な種です。
しかも、その危険なスズメバチを、生きたまま漬けないと効用が無いというもので、スズメバチ酒は希少とされており、市販されているものはほとんど見ません。

0733b11b15311f1d3922c9d85e13874e_s

その効能は、疲労回復・高血圧・血糖値・不整脈・喘息・美肌効果など、かなりの効果が期待できると言われています。
他にも、殺菌解毒、利尿作用やリウマチ、不眠症、神経症など多くの作用ももたらします。

そうは言っても、スズメバチの毒でアナフィラキシーを引き起こし、亡くなってしまうケースもあるのに、そんな毒入りのお酒を飲んでも平気なのでしょうか?

少量を胃壁から吸収する程度なので、毒としては機能しないといわれています。古くから受け継がれている飲酒文化で、現在も残っているということは、大丈夫!ということですね。

スズメハチの毒は、アミノ酸をベースにした化合物であって、刺されたりするなどして直接体内に入れば毒として作用しますが、飲めば毒性はなく強い生理活性を持っています。

そのため疲労回復などの健康効果の他に美肌効果などの薬効もあるとされているようで、スズメバチ酒は嗜好品ではなく、健康酒としての意味合いが強くあり、その希少性からネットなどでも取引されているようです。

朝晩、おちょこに1杯程度の量を毎日飲み続けることで、健康維持に繋がるとされています。

5d657262356cfcf6b2957c844bfaa737_s

そしてその作り方もご紹介しておきます。

まずは、生け捕りにした成虫のみを、大きめの瓶に移し替えます。(口に入れるものなので、スプレーなど薬剤を使用したものはダメです。煙で燻すなどして仮死状態にしたものを使用してください)

次に、ホワイトリカーなど、度数が高めのお好みの甲類焼酎を瓶に流し込みむだけです。

あとは、焼酎全体が茶色っぽくなり、色が移るまで熟成させれば完成です。

ここでポイントなのが、必ずスズメバチが生きたままの状態で焼酎を入れることです。

なぜ生きたままのハチでないといけないかというと、死んだハチだとエキス(毒)が出にくいため効能が少ないのです。

また、オス蜂には毒針と毒がない(毒針を持っているのはメスで、全て働き蜂)ため、効果がありません。

オス蜂の役目 -働き蜂との比較-についてはコチラ

生きたまま焼酎漬けにすることで、スズメバチが大量の毒を焼酎の中に噴射します。この毒成分が体にいい成分を出しているため、生きているハチでないとあまり意味がないようです。

飲みにくい場合は、氷砂糖やハチミツを入れるなどして、一度試してみるのもいいのではないでしょうか。

607878b69148cb3eedbd62c2876e0f1b_s

そしてスズメバチ酒は、飲むだけでなく、 虫刺されや肌トラブルなど、痒み止めなどの効果もあると言われているため、その場合、直接肌に塗るのもいいようです。
この場合は、水などで2倍に薄めて使用するようにしてみて下さい。

 

と、このようにスズメバチは、刺される危険性のある、危険な生物というわけだけでなく、わたし達に役立つ生物でもあるのです。

またスズメバチ以外にも、昆虫を食べる習慣は、日本や東南アジアなど各地で見られるのですが、ここ日本ではスズメバチ、イナゴ、カイコ、カミキリムシ、蝉などが昆虫食の対象とされてきました。

ただし、現在も各地で食べられ続けているというのは、スズメバチとイナゴの2種類くらいでしょうか。

オオスズメバチ

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

 

(対応地域):旧住所含む
熊本市中央区・熊本市北区・熊本市西区・熊本市南区・熊本市東区・八代市・荒尾市・水俣市・人吉市・玉名市・山鹿市・ 菊池市・宇土市・宇城市・阿蘇市・合志市・美里町・玉東町・南関町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・錦町 ・多良木町・ 湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村・黒川・あさぎり町・菊水・菊鹿・玉東町・長洲町・天水町・苓北町・ 植木町・城南町・富合町・三加和町・菊水町・西合志町・合志町・天水町・横島町・岱明町・宮原町・竜北町・泉村・坂本町 千丁町・東陽村・鏡町・泗水町・旭志村・七城町・長陽村・久木野村・白水村・清和村・矢部町・蘇陽町・波野村・阿蘇町・一の宮町・鹿央町・鹿本町・鹿北町・豊野町・小川町・松橋町・不知火町・三角町・田浦町・砥用町・中央町・深田村 須恵村・岡原村・免田町・上村・上天草市・天草市・本渡市・牛深市・有明町・御所浦町・倉岳町・栖本町・新和町・五和町・天草町・河浦町・北部町・河内町・飽田町・宇土郡・鹿本郡・下益城郡・玉名郡・菊池郡・阿蘇郡・上益城郡・八代郡・苓北群・球磨郡・天草郡

(県外対応地域):福岡県一部(大牟田市・八女市)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

 ◇◇ 取扱・業務内容 ◇◇
・シロアリ(白蟻)予防・シロアリ駆除工事
・シロアリベイト工法・シロアリ調査・シロアリ見積り
・シロアリ点検・ゴキブリ予防 ・ゴキブリ駆除・アシナガバチ(足長蜂)駆除
・ミツバチ(蜜蜂)駆除・キイロスズメバチ(黄雀蜂)駆除・オオスズメバチ駆除
・赤蜂駆除(あかはち)・くまんばち駆除(熊蜂)
・スズメバチ駆除・ネズミ予防・ネズミ駆除・ダニ駆除・ムカデ駆除
・すずめ(雀)対策・カラス(烏)対策・コウモリ(蝙蝠)対策
・イタチ駆除・イタチ対策
・不快害虫全般の防除・床下湿気・調湿・カビ対策
・床下換気扇 ・パイプクリーニング・排水管洗浄工事
・住宅機器販売・施工・保守業務・住宅リフォーム
・コンクリート基礎補修工事・ペストコントロール・消毒
・空き家管理・営繕サービス・害虫害獣予防・害虫害獣駆除

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均点: 4.60)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策マニュアルへ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら