HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新

ムカデに噛まれたら!!

(ムカデの生態や特徴、予防と対策についてはコチラ)

トビズムカデ

 

ムカデに噛まれたら!

万が一、ムカデに噛まれてしまったら
ハチの毒と似ている成分が含まれているため患部に激痛が走ります。

噛まれた箇所に、2~5mm程の棘のような爪が刺さっていたら
まずは毛抜きやピンセットなどで抜いてください。

 

①43℃以上のヤケドしない程度のお湯で5分以上洗い流します。
シャンプーや石鹸で洗い流すとより効果があります。(弱酸性のものはよくない)
皮膚についたムカデの毒成分を熱いお湯で熱変性させて失活し、
洗い流すことで痛みを抑え、腫れ・痒み防止の期待が出来ます。

最適な温度は43~46℃です。
40℃以下の温度が低すぎる場合は、毒の酵素活性が増加し、痛みが倍増します。
また50℃以上などは火傷の危険性があるため、注意が必要です。

お湯が冷めると効果がないので、溜め湯を使わずに
43℃以上に設定した温水のシャワーなどで洗い流すようにしましょう。

痛みが消えたあとも、1~2分位は温め続けた方がより効果があります。

※患部周辺を42℃以上に温める
※毒を洗い流す

以上の2点が重要で、ただお湯をかけるだけではありません。
しっかりと毒を洗い落すようにしてください。
②さらに痛み成分のひとつであるヒスタミンを和らげるべく、
抗ヒスタミン剤が含まれているステロイド軟膏を塗ると効果的です。

 

噛まれた箇所の痛み以外に、
悪寒・頭痛・吐き気などの症状が出た場合は速やかに病院へ行ってください。
あくまでも上記の①②は、応急処置です。

 

救急車

 

 

ムカデの被害

 

咬む
肢(あし)の先で皮膚に細かな傷をつける
酵素毒を皮膚につける

ムカデは夜行性で、昼間は
石の下や落ち葉、倒木や朽木、石垣の間などに身を潜め
夜になるとエサを求めてウロウロと活動します。
民家などにも侵入し、靴の中や布団の中にも潜り込み被害を与えます。

お客様からのご相談で多いのが、

○ムカデに噛まれた
○ムカデが天井から落ちてきた
○ムカデが布団・ベッドの中にいた
○ムカデが靴の中にいて噛まれた

など気付かないうちに室内に侵入して人間に咬みつくことが多いようです。

(ムカデの活動時期と潜伏場所についてはコチラ)

ムカデに咬まれると、痺れを伴った激痛が走り、局部はすぐに腫れあがります。
また、リンパ管炎を起こす場合があります。

その毒が原因で、ハチと同じように
ショック状態になり取り返しのつかないことになる場合もあるので注意が必要です。

特に抵抗力のない小さな子どもや年配の方には注意が必要で、
応急処置をしたあと、医師の診断を受けることが大事です。

ムカデの咬傷被害は、ビルやマンションの住人には関係ないような気もしますが
マンションの上階に住んでいるからと言って安心は出来ません。

3階くらいの高さであればムカデは絶壁をのぼります。
最近ではアパートやマンションの上階での被害も多くみられます。
もちろん戸建住宅よりは可能性は低いですが、
エレベーターなどで人間や荷物についてくる場合もあります。
その場合は、玄関前に殺虫スプレーを噴射するなど部屋への侵入を防ぎましょう。

 

ムカデKINCHOウルトラがいちゅう大百科より

 

ムカデに噛まれた時の注意事項!

○絶対に冷やさない
腫れや痛みがあるからといって氷や保冷剤、冷水などで冷やすと痛みが倍増してしまいます。
痛みが強くなり、痙攣したり気絶してしまうケースもあります。

 

○毒を吸いだそうとしない
口で吸いだそうとすると、口内の腫れ等の原因となります。
またムカデの毒が口内に入ると、悪寒・嘔吐・気道閉塞などの危険性があります。

 

○洗い流す前に薬を塗らない
毒をキレイに洗い流す前に薬を塗ると、患部周辺に毒をぬり広げることになります。
また、スポンジなどがついておりそのまま患部に塗るような薬も
スポンジ部分がムカデの毒で汚染してしまうので注意が必要です。

トビズムカデ

 

ムカデの毒について

ムカデは刺すのではなく、鋭い顎で咬みつきます。
多数の肢で、わたし達の皮膚に無数の傷をつけ、毒を皮膚の表面に塗り付けます。
その細かな無数の傷から徐々に毒の成分が浸透してくるので広範囲に激痛が走ります。

毒性は種類によって異なりますが、毒の成分には
セロトロンやヒスタミンで、蜂の毒と似ている成分が含まれて激痛を伴います。
特にアカズムカデの毒性が最も強力で
噛まれると激しい疼痛、しびれ、灼熱感、紅斑が起きます。
重症になれば、潰瘍化やリンパ管炎、リンパ節炎などが起きます。

ムカデが持つ毒には大きく3つの要素があります。

 

ヒスタミン アレルギーの原因物質毒の主成分。組織内に入らなければそれほど害はない。
酵素毒成分 毒の浸透・細胞の破壊細胞を破壊し、組織内に浸透するのを助ける役割。
セロトニン ヒスタミン効果倍増神経に作用する成分で、神経を過敏にさせ、ヒスタミンの刺激を何倍にも増加させる。

 

稀に全身症状として、頭痛・発熱・嘔吐・めまいなどがありますが
ほとんどの場合、局所的に症状がでるようです。

過去にムカデに咬まれた事がある方は、
アナフィラキシーショックが起こる可能性もあり注意が必要です。
また、乳幼児や噛まれた時の体調によっては脅威になることもあり、
日本でもムカデに咬まれたことにより、死亡した方もいます。

ムカデの毒の主成分は、タンパク質です。
熱に弱いため、ムカデの毒を効果的になくすためには43℃以上の加熱が有効的です。

 

ムカデとよく似た生物「ヤスデ」

日本には200種類以上のヤスデが存在しますが
ヤスデは咬んだり刺したりはしません。

ヤスデ

ムカデは体の1節から1対の足が出ているのに対しヤスデは2対出ています。
つまり、ヤスデはムカデより足がいっぱいあるのです。
また、ヤスデは肉食ではないため、人を咬むことはありません。

しかし、ムカデと同じような姿形から不快害虫とされています。

ヤスデが好む場所は、山林、草地、庭、ゴミ集積所などの腐葉土、
たい肥、枯れ葉などが溜まった場所などで、
隣接する住宅、寺院や神社、山小屋などの周辺に多く見かけられます。

ヤスデは梅雨時などの湿度の高い時期に大量に発生し、
家の中などに侵入してくるといった被害も多数報告されています。

また、ヤスデは咬んだり刺したりといった被害はないのですが
熱帯産の大型のヤスデは、誤って触ってしまった場合などに刺激臭のある液体やガスを分泌し、
この分泌した成分には青酸やヨードが含まれるため皮膚障害を引き起こす種類もいます。
日本ではこのような毒を分泌する種類は知られていません。

生殖時期や越冬前などは集団でいることも多く、大量発生した場合は、
土に接する塀に群がったり、家屋内へ侵入したりすることで、非常に嫌悪感を与えます。
また、線路上を大量に徘徊して列車をスリップさせるなどの被害を与えた例もあります。
ムカデやヤスデ、その他害虫でお困りの際にはお気軽にご連絡ください。

 

 

社長2

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

美水社長 イラスト3

(対応地域):熊本市・合志市・菊池市・荒尾市・玉名市・山鹿市・阿蘇市・宇城市・宇土市・八代市・水俣市・人吉市・上天草市・天草市・上益城郡益城町・山鹿市・美里町・玉東町・南関町・長洲町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・鏡町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・多良木町・球磨村・あさぎり町・苓北町その他熊本県内全域対応

(県外対応地域):福岡県一部(大牟田・八女)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6 投票, 平均点: 4.83)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策研究所へ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら