HOME
熊本シロアリ駆除.com 害虫害獣駆除専門|株式会社プログラント 福岡・佐賀・熊本対応 会社概要 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新のアイコン 更新

ネズミは日中どこにいる?昼間ネズミに出会ったら要注意!

ネズミイラスト

ネズミと言われたらどのような印象を持つでしょうか?

汚い、不衛生、夜に動き回る…などと思い浮かべられる方が多いと思います。

ねずみは夜行性の動物なので、夜になると活発に活動します。

しかし、中には日中にねずみを見かけることがあります。

これはどういうことでしょうか。

今回の記事では、日中ネズミはどこにいる?という所に焦点を当てて、詳しく解説していきます。

この記事を熟読する事により、ネズミの特性について知ることが出来、ネズミ駆除の基本が分かるようになります。

最後まで熟読お願い致します。

ネズミは家のどこに隠れている?

ねずみの影

ネズミは主に夜行性ですが、日中も活動することがあります。

また、一般的に家に侵入するネズミは人間に依存しているため、日中にも目撃されることがあります。

このようなネズミは、主に次のような場所で活動しています。

・台所

ネズミは他の動物と違い、体内にエネルギーを蓄えることができないため、生きていくためにはほとんど食べ続けなければ死んでしまうため、台所のように食べ物のある場所に出現する可能性が高いです。

・湿気の多い所

ドブネズミは湿った環境を好むので、下水道や冷蔵庫の下などに生息していることがあります。

一方、クマネズミは泳ぎが苦手なことから、水のある場所は避けます。

・高い場所

クマネズミというネズミの一種は、ジャンプ力があるため、高い場所に隠れるのが一般的です。

天井裏や屋根裏は理想的な隠れ場所になります。

・住まいを作れる場所

ネズミは家の中のどの場所にも住み着く可能性があります。

天井裏や屋根裏、押し入れの奥や壁のひび割れなど、意外と見落としがちな場所に潜んでいるのです。

空の段ボールも住処にされることがあります。

ドブネズミ

ドブネズミは、湿気の多い場所を好み、高い場所が苦手で、キッチンの隅や冷蔵庫の下、下水溝の中などに巣を作ります。

ドブネズミは非常に泳ぎが上手です。体長22〜26cmと、大型のネズミです。

人を怖がり、水道管などの低地に避難するようになります。

ハツカネズミ

ハツカネズミは、クマネズミやドブネズミと比べて小さなネズミで、体長は6〜9cmほどです。小さな体で、中々入り込めないような小さな隙間から侵入してくることが特徴です。

泳ぎは苦手で、狭い場所が好きなネズミですので、家具の隙間などに巣をもちます。

クマネズミ

クマネズミは、乾燥した場所を好みます。身軽で、ジャンプ力もあり、天井裏など高い場所に身を潜めていることが多いです。水場を避ける傾向にあります。

クマネズミは臆病で警戒心が非常に強いため、人に見つかるとすぐに逃げます。

ネズミの生態について

穴から顔を出すネズミ

基本的なネズミの生態や特徴を知っておきましょう。

ネズミのことを知らなければ、対策の打ちようがないためです。

生態の中でも、ネズミが食べるもの・恐るべき繁殖について・鳴き声の3つを紹介します。

ネズミが食べるもの

ネズミは雑食で何でも食べることで知られています。

観葉植物の葉やペットの餌、ゴキブリなどの昆虫など、さまざまなものを食しています。
ドブネズミは魚や肉を好むので、キッチンでは、食材が狙われることもあります。
日中、人が留守の間、ネズミたちは食べ物を探しているのかもしれません。

日中にねずみを見かけたら、食べ物を探している可能性があります。
食材の安全確保に努めることが重要です。

食べ物を出しておくと、ねずみはそれを狙ってきます。食べ物を片付けておきましょう。

クマネズミは比較的人家の近くに住んでいるので、人間の生ゴミを主食にしています。

一方、ハツカネズミは郊外の農村に住み、その食生活は植物や穀物が中心です。

ネズミの繁殖

ネズミと言えばねずみ算というように繁殖力が高いことは想像がつくと思います。

では、実際はどれほどの繁殖力があるのでしょうか。

繁殖能力が高く、ねずみ算という言葉やネズミ講といわれるように、一年を通して繁殖期があり、その数は年々急速に増えていきます。

平均寿命は1〜2年ですが、妊娠期間が1カ月程度と早く、繁殖力が強いため個体数はどんどん増え続けます。

産まれたばかりのネズミは数ヶ月ですぐに繁殖を始め、種類や条件にもよりますが、毎年6〜7回繁殖します。
通常、1回につき6~10匹の子供を産むので、つがいのネズミを交尾させれば、わずか1年で1万匹まで増える可能性があるのです。

また、問題は、個体数が増え続けると餌が減り、餌を探すのが苦手なため、餓死するようになることです。

そのため、日中にネズミを見かけることがありますが、これは餌を探しているのです。

日中、ねずみを見かけたら、注意が必要です。

身の危険を感じると噛みついてくることがあります。

また、ねずみは病気を媒介することもあるので、近づかない方がよいでしょう。

もし、自宅でネズミの問題が発生した場合は、専門の害虫駆除業者に駆除を依頼するのが一番です。

お問い合わせバナー

ネズミの鳴き声

ネズミというと、一般的にはネズミが「チューチュー」鳴いている姿を思い浮かべますが、実際はもっと金切り声に近い音を出しているのです。

実際には「キーキー」や「キュッキュ」といった声です。

ネズミは、驚いたとき、緊張したとき、喜んだときに鳴きます。

ネズミが鳴くのは、ネズミが驚いたり怯えたりしている証拠です。

ネズミの習性について

木の上のネズミ

次に、そんなネズミの習性について解説していきます。

何でもかじる

ネズミの歯は絶えず成長し、何かをかじって常に歯を研いでいます。

かじることをしないと、歯が長くなりすぎて、やがて口を覆ってしまいます。
この問題を避けるために、ネズミは家の柱や壁、タンスなど、さまざまなものをかじるようになります。

このような被害は、修理に費用がかかるだけでなく、家の構造を弱めることにもなりかねません。

日中にリビングにやってきて、タンスをガリガリ噛むこともあります。

ネズミは敷地内の配線をかじり、漏電やガス漏れ、配線からの火災の原因になることがあります。

また、ねずみはとにかく物をかじるのが好きなので、食品の容器や包装が傷んでいないか確認しましょう。
破損が見られたら、よく掃除してください。

日中にねずみを見かけたら、早めに専門業者に依頼し、駆除してもらうとよいでしょう。ねずみは危険な動物で、家屋に大きな被害を与える可能性があります。

隅っこを移動

ラットが部屋の中を歩くとき、部屋の真ん中ではなく、コーナー付近の壁に沿って移動します。

そのため、ネズミが家具から壁や人の見えない隅に移動しても、すぐには発見されないことがあるのです。
ねずみを効果的に捕獲するには、捕獲シートを隅に設置します。

ねずみはシートを横切り、捕獲されます。

移動しながら糞尿をする

ねずみが移動するとき、糞尿をします。
ネズミの移動経路に残された糞尿と強烈な臭気がします。とても衛生的に悪いです。

部屋の隅に尿やフンがある場合は、ネズミがいることが原因である可能性が高いです。

ネズミが家にいるか確かめる方法

7匹のネズミの影

ネズミは痕跡を残します。それをラットサインと言います。
ラットサインが見つかれば、家の中にネズミがいることが分かる判断材料になります。

また、ラットサインがわかれば、ネズミがどこに隠れているかなど、だいたいの判断がつきます。

ラットサインにはいくつかの種類があるので、ご紹介していきます。

ラットサイン①黒っぽい汚れの跡

ネズミの体には油や汚れが大抵付着しています。

ネズミは視力が弱いため、移動の際に壁や床の隅などに体を頻繁に接触させるため体についた汚れや油分が侵入口や通路、壁などに付着します。

ネズミによる小さな灰色っぽい汚れは、時間の経過とともに次第に大きな黒っぽい汚れに変化していきます。

ラットサインかどうかわからないときは、その周辺に小麦粉をまいてみましょう。
通路であれば、小麦粉は足跡の形になります。

ネズミを確実に追い払うには、ネズミの気配を見つけることが肝心です。

ネズミを退治したいのであれば、そもそもネズミがどうやって家に侵入しているのかを調べる必要があります。

そうでなければ、実際に問題を解決することなく、駆除や修理にお金を浪費するだけになってしまうでしょう。

ラットサイン②かじった跡

ネズミの前歯は生まれてから死ぬまで伸び続けるので、前歯を研ぐために硬いものをかじる習慣があるのです。

そのため、家の柱や壁、家具、電気配線、通信ケーブルなどを好んでかじります。

かじられた跡があれば、敷地内にねずみの気配がないか、さらに探してみましょう。

ラットサイン③糞尿

ネズミは排便・排尿をしながら移動するため、黒い糞尿の跡が残ります。

小さな糞がちらばっていたら、ネズミがいる可能性が高いです。

落ちた糞を調べることで、ネズミがいるかどうかだけでなく、どんな種類のネズミがいるのかを把握することができるのです。

まれにアブラコウモリの糞がクマネズミの糞と似ているため間違えることがあります。

クマネズミだと思っていたらコウモリだったという事もあります。

アブラコウモリの糞はパサパサ乾燥しているのが特徴です。

ラットサインが付きやすい場所とは?

・壁の穴や割れ目、ヒビが入っている所

・トイレや浴室の配管

・換気扇や通気口

・エアコンの配管ダクト

・家と基礎の隙間

ネズミは上記のような場所に多く生息しており、ラットサインも簡単に見つけることができます。

日中にネズミを見かけたら大繁殖している合図?

日中にねずみを見かけたら、家の中に住み着いている可能性があります。

先述したように、ネズミは繁殖力が非常に強いので、棲み着くとそれだけの数はいると覚悟しておいたが良いでしょう。

ネズミは生後3か月頃から出産可能で、妊娠期間約1か月を得て年6~7回出産します。
1回の出産で約10匹生まれるとしたら、年で60~70匹も子供が1匹のネズミから産まれ、子が子を産み大繁殖している恐れがあるのです。

ネズミの駆除方法

罠にかかったネズミのイラスト

ラットサインを見つけたら、増殖する前に早めに駆除しましょう。

粘着シートを使用する

ねずみのいる場所に粘着シートを戦略的に配置することで、ねずみがトラップを踏む確率を大幅にアップさせることができます。

ネズミが粘着シートの上を歩けば、実際にネズミに触れることなく、粘着シートごと取り除くことが可能です。

逆に、シートの上にエサを置くと警戒されてしまい、捕獲できなくなります。

また、粘着シートに捕まった姿を仲間に見られると仲間のネズミ達から警戒されてしまいます。

留守中や就寝前に、ねずみがよく出没する場所に粘着シートをかけましょう。
ねずみは非常に警戒心が強いので、留守のときや就寝前に行うのが効果的です。

捕獲罠を使用する

スプリング式やケージ式のネズミ捕りも駆除の方法の一つです。

ネズミがエサに引き寄せられてトラップに入ると、トラップが作動してネズミを捕獲します。

クマネズミやハツカネズミの場合は、穀類やチーズなどを、ドブネズミは肉類などの動物性タンパク質など、エサにネズミの好きなものを選ぶと、成功率が上がります。

踏み込み式で置くだけのトラップは、ネズミを簡単に捕獲できる罠です。

一番想像しやすいのが、好物が置いてある板にネズミが寄ってきて食べようとすると捕まってしまうというものだと思います。

実は、これらのエサを使って釣るのが最も効果的なアプローチなのです。

捕獲後の処分方法

・生きているネズミを殺処分する

・捕獲したネズミを外に逃がす

オススメの方法は殺処分してからゴミとして出すのがオススメです。

外に逃がした場合、再発の可能性が上がります。何故ならば再度侵入してくる恐れがあるからです。

殺処分が難しい場合は専門の駆除業者へ依頼しましょう。

ネズミの予防方法

チーズの上に乗るネズミ

ねずみの被害に遭わないためには、駆除方法を工夫し、日頃から予防策を講じることが重要です。

侵入口を塞ぐ

ネズミを駆除した後、必ず侵入口をふさぎましょう。

ネズミの気配があった場所や侵入口などを封鎖するようにしてください。

ネズミは、屋根の隙間や外壁のひび割れなどから侵入します。
家の中の小さな隙間や開口部を探してみてください。

穴を発見した場合は、市販の金網や防獣ネットで埋めるか、住宅用補修パテで隙間を埋めてください。

環境対策をする

エサになりそうな食品などは、臭いが漏れないようにフタをして密閉する。

また、古新聞や段ボール箱はねずみの格好の隠れ家になるので、必ず片付けてください。

ネズミが棲み着かない家にする工夫

ネズミは一度住み着くと駆除が難しいだけでなく、駆除のプロセスも難易度が高いのです。

そうならないためにも、日頃からねずみの侵入を防ぐための警戒が必要です。

日中にネズミが走り回っているのを見つけても、すでに手遅れです。そうなってしまわないように気を付けましょう。

ネズミ駆除は専門業者にお任せください

業者

状況によっては、素人では日中のネズミの居場所を発見できない場合もあり、駆除作業には専門知識と経験が必要です。

ネズミ駆除の専門業者なら安心です。

なぜ業者をおすすめするのか、業者をおすすめする理由は次の通りです。

・クチコミや評判を確認できる

インターネットの普及により、業者のホームページやクチコミサイトで、その業者の過去の顧客によるレビューや体験談を読むことができるようになりました。

業者を選ぶにあたっては必ずチェックしておきましょう。

・アフターサービスが付いてくる

アフターサービスは、メンテナンスにとどまりません。

現地での点検や、処理後に侵入があった場合の無料駆除など、総合的なアフターサービスを提供しています。

実施しているサービス内容や保証期間は業者ごとに異なりますので、事前に確認しておきましょう。

・無料調査・見積もりを行っている

弊社では、現地調査・お見積りは無料で行わせていただいております。

作業を開始する前に、見積書を提出します。見積もりには作業の詳細や費用の内訳が記載されています。

ネズミ駆除には技術と経験のみならず、知識も必要となってきます。

先述してきた通り、ネズミには様々な特徴があるので、そのポイントを抑えながら日頃からネズミに棲み着かれないような工夫をしていきましょう。

まずはお気軽にお電話下さい。

無料調査とお見積りからご提案させていただきます。

0120-778-114 こちらまでご連絡ください。受付時間 8:00~20:00

株式会社プログラントは九州北部地域のシロアリ・害獣駆除業者で初の5冠を獲得いたしました!

Googleクチコミ満足度★★★★★(4.8/5.0)という高い評価を得ています。

顧客満足度調査97.5%(2021年自社調べ)の高評価を頂いています。

この記事をSNSでシェア!
記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...
※蜂駆除は調査費を頂いております。

ショッピングローン 最長60回払いまで可能になりました。

当店でペイペイが使えます。PayPay残高で最大50万まで支払い可能です。

代金はクレジットカードでもお支払いいただけます。マスターカード・VISA・アメリカンエクスプレス・JCB・ダイナースクラブ

LINEで相談する 友だち追加する

LINE@で相談する 友だち追加する
pagetop sitemap
料金シミュレータ 無料相談はこちら