HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問

シロアリ駆除・予防 2つの施工方法について

シロアリ駆除・予防をお考えの方で、こんなお悩みをお持ちではありませんか?

✔ アレルギーをお持ちのご家族がいる
✔ 薬剤による健康への悪影響が気になる・心配
✔ 小さなお子様やペットがいるご家庭
✔ ニオイに敏感で、薬剤の臭いが気になる・心配
✔ 建物を傷つけずにシロアリを予防(または駆除)したい
✔ 多階層の建物へのシロアリ対策を考えている
✔ 公共の施設へのシロアリ対策を考えている

シロアリバナー

シロアリ駆除・予防には、薬剤処理を行う一般的な工法と、巣を根絶させるため毒エサを仕掛ける工法の2つ選択肢があります。

駆除は、現場の状況やシロアリの種類、住人の方のご希望などによって防除方法が異なるため、それに応じ、使用する薬剤や、処理の方法など最善の判断をご提案し、シロアリの完全駆除を目指して処理しますが、先ほどのようなお悩みをお持ちの方には、巣を根絶させるために毒エサを仕掛ける「ベイト工法」をオススメしております。

シロアリ防除 最適な施工方法をご提案します!についてはコチラ

シロアリについて

1頭1頭のシロアリは4~7mm(種類によっても異なります)と非常に小さなものですが、シロアリは1つのコロニー(巣)でヤマトシロアリで数千~数万頭、イエシロアリで100万頭以上の大集団で生活をしています。

shutterstock_272480183

それぞれのシロアリで種類によって、集団の数や、行動範囲は異なりますが、ここで簡単に日本のシロアリと、その生態、特徴などをご説明しておきます。

日本のシロアリ被害

もともとのシロアリの生息地は熱帯地方ですが、日本でも、土壌があれば山林や庭などにシロアリは生息しています。

日本に生息するシロアリは、25種前後で、シロアリ科、ミゾガシラシロアリ科、オオシロアリ科、レイビシロアリ科の4科が生息しています。

このうち、建物に加害するシロアリは5種で、その中でも日本中に広く分布し、建物に被害を及ぼす代表的なシロアリの種類は、ミゾガシラシロアリ科に属する「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」がほとんどです。

また近年では、完全駆除が難しいと言われ、散発的に海沿いなどで被害報告が増えつつある、外来種の「アメリカカンザイシロアリ」による被害も問題視されてきています。

住宅を加害する日本のシロアリについてはコチラ
アメリカカンザイシロアリの生態と被害についてはコチラ

そもそもシロアリは、 3つの要素がないと生きていくことが出来ません。

この3つの要素が十分にある場所こそが、シロアリの好む環境であり、シロアリ被害の多い場所なのです。

シロアリの生活に必要な3つの要素
食べ物 切り株や丸太、木片、その他木材があればOK
ジメジメとした湿気が多い場所
心地よい環境 湿気が多い場所・人間やアリなどの外敵がいない場所・光や風がこない場所

シロアリの好む場所は、シロアリにとって好都合な場所となります。

シロアリが食べる木材がなければ被害にあうことはありませんし、水分がなければ、皮膚が薄いシロアリは乾燥してしまうため生きていくことが出来ません。

そしてわたし達人間が生活する空間には光や風があるため、シロアリが苦手とする空間であり、さらに黒蟻(アリ)などシロアリの外敵が多い場所には近付きません。

IMG_6090 P1040260 IMG_4810

IMG_3306 IMG_4516 IMG_2698

こういったシロアリの被害は、木造住宅だけのイメージがありますが、鉄筋コンクリート造住宅、鉄骨造住宅でも木材を使用している部分は多くあるため、加害します。

鉄筋コンクリート造住宅や、鉄骨造住宅では、コンクリートを破壊するまでの被害は報告されていませんが、コンクリートのひび割れ(クラック)などから侵入し、そこにエサとなる木材や畳、書籍やダンボールなどの紙類があれば加害されてしまう可能性はあるのです。

軽量鉄骨やRC造でもシロアリの被害に!!についてはコチラ

シロアリは目が退化しているため、硬いものに接触すると、必然的にそれに沿うように蟻道をのばしていきます。

また、豊富なエサ場が確保されていても、シロアリは絶えず新しいエサ場を探し回る習性があり、絶え間なく、着々と確実に被害範囲を増やしていくのです。

shutterstock_285615839

日本で被害をもたらすシロアリについて

日本でのシロアリ被害の約99%が「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」によるものだと言われています。

この2種のシロアリによっても、防除方法を変えた方がいい場合などもありますので、まずは生態と特徴をご説明します。

○ヤマトシロアリの場合○

基本的には活動範囲は狭く、被害の進行スピードも比較的遅いのですが、主に床下の木材から食害をはじめ、湿った木材を好むため、特に水回り部分周辺の被害が多くなっています。

雨漏りなどがあり雨水が流入し、湿った木材がある場合などは、2階部分の木材や天井裏まで加害することもあります。

また被害部分が巣を兼ねているため、狭い範囲に複数の巣がある場合もありますが、被害材以外の部分にも巣をつくることもあります。

ひとつの集団で数万頭の規模が多いですが、数十頭の職蟻から王・女王が生み出されることもあり、分離・独立しやすいという特徴があります。

ヤマトシロアリ

日本での被害ワースト1位ヤマトシロアリについてはコチラ

 

○イエシロアリの場合○

ヤマトシロアリと比較すると、活動範囲が非常に広く、被害の進行スピードも早いため大規模な被害を引き起こしやすいのが特徴で、世界中のシロアリの中でも、最も加害が激しい種だとされています。

 

また集団の数も多く、活動範囲は縦方向にも横方向にも広いため、建物の最上階まで非常に早いスピードで被害が拡がります。活動範囲は半径約100~150mにも及ぶと言われています。

イエシロアリの巣は、多くの場合が地中や建物の密閉部分に、特別に加工した塊状の大きな巣をつくります。
集団は最低でも5万頭、大きいもので100万頭ほどです。

イエシロアリ

侵略的外来種ワースト100!イエシロアリの脅威についてはコチラ

僅か数mmの小さな体で、家に多大な被害をもたらし、最悪の場合家の耐久性が低下する恐れもあるため、シロアリ被害は深刻な問題です。

住宅の耐震弱化や資産価値の低下を招かないためにも、シロアリの予防消毒を行っておいたり、定期的に点検したりして早期発見を心掛けるなど、長く快適に住み続けられる住宅づくりをしましょう。

0c2d7d4a1eb62b89006ba57efd5442d2_s

「シロアリ予防で大切なこと」についてはコチラ

シロアリ予防も大切ですが、既に被害が発生してしまった場合のシロアリ駆除も大切です。

安全はお金では買えないといっても経済的な負担になることもありますので、まずはしっかりと工法の選択を行っていただき、ご納得の上でシロアリ防除をしていただきたいと考えております。

工法の選択方法は、お客様のライフスタイル、家の構造、被害の状況、お客様の希望等により大きく変わり、わたし達は専門的な知識とこれまでの経験を活かして、それぞれのご家庭にあった最善の選択をご提案いたしておりますので安心してお任せください。

では、実際にシロアリ防除にはどのような工法があり、どちらを選べばよいのでしょうか?

シロアリ防除の工法選択

シロアリ防除(シロアリ駆除・予防)には、一般的に2つの方法があります。

バリア工法 薬剤を散布・注入してシロアリの駆除や侵入を防ぐ工法
ベイト工法 被害箇所や家の周囲に毒エサを仕掛ける工法

「シロアリ防除」協会認定薬剤使用で安心の5年保証付!についてはコチラ

この2つの工法について詳しく説明していきます。

✔ バリア工法

従来からあるもので、言葉の通り“薬剤を散布してシロアリが侵入しないようにバリアを張る”という工法です。

IMG_2828

バリア工法は、駆除の即効性に優れており、5年間の薬効があります。

従来からある工法で、シロアリの食害がすすんでいる場合や、即効性を望まれる場合や、予防として5年毎の定期的な消毒を行いたい場合、なるべく費用をかけたくないという方にオススメの防除方法です。

あらかじめドリルなどで木材に穴を開けて、そこから薬剤を注入したり、散布したりするもので、基本的には床下で行われることが多いのですが、場合によってシロアリ被害の多い玄関や浴室など、室内から駆除を行うこともあります。その場合は、被害を受けた部分に直接薬剤処理をしていきます。

床下が狭い場合など、過酷な場所での施工であるため、経験や技術力が必要となりますが、当社ではしろあり防除施工士の資格保有者が正しい知識と、確かな技術で施工いたしますので安心してお任せいただくことが出来ます!

【バリア工法】地中から侵入するシロアリをシャットアウト!についてはコチラ
しろあり防除施工士って?についてはコチラ

以前のシロアリ防除と言えば非常に強力な薬で、その殺虫力の高さから一度駆除の薬剤を使用して消毒すると、その家は生涯シロアリ被害を受けないとまで言われたほどでした。

このように強い薬剤を使用すると、家を守ることは出来ますが、環境や人体へのリスクが必然的に上がります。

現在のシロアリ防除の薬剤は、社団法人しろあり対策協会が安全性と効果を評価し、「良い」と判断されたものだけが認定薬剤として登録され、販売されています。

当社で取り扱っているしろあり防除の薬剤は、有効成分が非常に微小なマイクロカプセルで包まれており、昆虫の口腔内で潰れ、鳥類や哺乳類などの温血動物では壊れないような仕組みになっています。

またしろあり防除士の資格保有者がその薬剤を使用することにより、自信を持って安全性の高い薬剤を使用して防除を行う、と言うことが出来ます。

※安全性の高い薬剤と言っても、使用方法や使用量を守らなければ、安全とは言えません。

shutterstock_253679260

✔ ベイト工法

被害箇所や家の周囲にベイト剤(毒エサ)を仕掛け、 巣ごと駆除を行う方法です。

ベイト剤、毒エサと言っても、シロアリの脱皮を阻害する作用のある薬剤で、昆虫などの、脱皮する生物のみに作用するため、人間はもちろん、哺乳動物や鳥類などのペットにも安心で、周辺環境にも悪影響を及ぼさないなど、高い安全性が確認されている薬剤を使用します。

IMG_4018 - コピー cce99967861b159f804a8fcbdcb6afba-500x375

ベイト工法は、シロアリの習性を利用して、毒エサを巣に持ち帰らせることにより薬剤を蔓延させ、巣ごと根こそぎ壊滅させることが出来ます。

シロアリは、仲間へ口移しでエサを分け与える習性、また新たなエサ場(ベイト剤を含む木材は、家の木材と違い、シロアリが好む軟らかい木材を使用)を見つけると、フェロモンによりそこに仲間を誘導する性質があるため、これを利用して、シロアリへ次々と薬剤を摂取させます。

シロアリが生息していて、駆除を行うなら、出来るだけ早くシロアリを退治したいところですが、ベイト工法で使用する薬剤は、巣に持ち帰らせてシロアリに薬剤を蔓延させるための時間が必要なため、あえて遅効性のものを使用しています。

仕組みとしては、「働きアリがエサを探す→毒エサ入りの木材は、シロアリが好むようなものを使用しているため、それを見つけたシロアリは次々に仲間を誘導する→毒エサを巣の仲間に口移しで与える→次々に脱皮できなくなったシロアリが死滅していく→働きアリからエサをもらえなくなった女王アリや兵蟻も死滅し、巣は壊滅する」というものです。

またベイト工法は、埋設型だけでなく、地上用設置型も当社では取り扱っております。

IMG_4737 IMG_4825

薬剤を少量・安全にシロアリが駆除できる工法についてはコチラ

地上用設置型は、場所を選らばず設置できるため、管理しやすいのが特徴です。

また従来の工法と比べると、薬剤の使用量がごくわずかで済み、約1500分の1~2000分の1の量の薬剤しか使用していません。

このベイト剤1本の仕掛けで、約16万頭のシロアリの駆除が可能です!

ベイト工法は巣の根絶を目的としており、最終的にシロアリの女王を含む、全てのシロアリに薬剤を行き渡らせるよう、敢えて遅効性の薬剤を使用し、巣を根絶するまでには約1~3ヶ月程の期間が必要となります。

​​

バリア工法 ベイト工法
写真 P1020715 IMG_4196
写真 IMG_4838 IMG_4694
特徴 従来からの工法で、薬剤を散布しシロアリが侵入しないようバリアを張る工法。
1度行えば5年はシロアリの侵入を防ぐことができ、被害箇所への即効性が期待できる。
家の周り、または被害箇所に直接シロアリのエサとなるベイト剤(毒エサ)を仕掛ける工法。
仲間へエサを分け与えるシロアリの習性を利用し、薬剤を巣へと持ち帰らせ薬剤を食べたシロアリの脱皮を阻害し巣を根絶に導く。
(シロアリは脱皮が出来ないと死んでしまう)
メ リ ッ ト ○駆除に即効性がある
○費用が安い
○巣の根絶が可能
○薬剤のニオイがない
○薬剤は環境に影響のないもの
○工事の時間がかからず、大がかりな工事の必要がない
デ メ リ ッ ト ○工事中・工事後の換気が必要
○ニオイに敏感な方や、アレルギー等の方への健康状態の考慮が必要
○バリア工法に比べ費用が高い
○巣を根絶することが目的とする為、駆除に時間がかかる
効果が出るまでの期間 即効性に優れ、薬剤散布後すぐにシロアリを駆除する事ができる。
被害が大きく、すぐに駆除を行った方がいい場合、非常に有効。
完全に巣ごと根絶するには、季節にもよるが1~2ヶ月ほどかかる。
最終的に女王を含むシロアリ群全体にベイト剤が入り、死滅してしまうまでの期間はある程度かかる。
(巣の根絶を目的としているため、敢えてゆっくりと効かせるため、その期間は必要な期間)
薬剤 社団法人日本しろあり対策協会認定の安全な薬剤を使用。
食塩をなめるよりも安全な普通物。
ニオイもカプセル化し、人や環境に対する安全性が十分に確保されている。
シロアリの脱皮を阻害する作用のある薬剤を使用。
脱皮をする生物にだけ優れた効果を示すため、人やペット、環境にも全く影響はない。
点検管理 ・保証 ✔5年間の保証付き
✔1年に1度、無料で定期点検を行う。
✔5年間の保証付き
✔薬剤の効果をみるため2~3週間に1度の管理。
✔年に1~2度の定期点検を無料で行う。

▶ シロアリ防除ー2つの工法のメリット、デメリットーについてはコチラ

当社の駆除施工や予防施工、点検・調査・お見積りは、社団法人日本しろあり対策協会認定の「しろあり防除施工士」の資格を取得したスタッフが行います。

シロアリ防除のお見積りは無料で行います。

調査のご依頼、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

kumamotobisui680_160

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

お問い合わせバナー

(対応地域):旧住所含む
熊本市中央区・熊本市北区・熊本市西区・熊本市南区・熊本市東区・八代市・荒尾市・水俣市・人吉市・玉名市・山鹿市・ 菊池市・宇土市・宇城市・阿蘇市・合志市・美里町・玉東町・南関町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・益城町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・錦町 ・多良木町・ 湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村・黒川・あさぎり町・菊水・菊鹿・玉東町・長洲町・天水町・苓北町・ 植木町・城南町・富合町・三加和町・菊水町・西合志町・合志町・天水町・横島町・岱明町・宮原町・竜北町・泉村・坂本町 千丁町・東陽村・鏡町・泗水町・旭志村・七城町・長陽村・久木野村・白水村・清和村・矢部町・蘇陽町・波野村・阿蘇町・一の宮町・鹿央町・鹿本町・鹿北町・豊野町・小川町・松橋町・不知火町・三角町・田浦町・砥用町・中央町・深田村 須恵村・岡原村・免田町・上村・上天草市・天草市・本渡市・牛深市・有明町・御所浦町・倉岳町・栖本町・新和町・五和町・天草町・河浦町・北部町・河内町・飽田町・宇土郡・鹿本郡・下益城郡・玉名郡・菊池郡・阿蘇郡・上益城郡・八代郡・苓北群・球磨郡・天草郡

(県外対応地域):福岡県一部(大牟田市・八女市)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

 ◇◇ 取扱・業務内容 ◇◇
・シロアリ(白蟻)予防・シロアリ駆除工事
・シロアリベイト工法・シロアリ調査・シロアリ見積り
・シロアリ点検・ゴキブリ予防 ・ゴキブリ駆除・アシナガバチ(足長蜂)駆除
・ミツバチ(蜜蜂)駆除・キイロスズメバチ(黄雀蜂)駆除・オオスズメバチ駆除
・赤蜂駆除(あかはち)・くまんばち駆除(熊蜂)
・スズメバチ駆除・ネズミ予防・ネズミ駆除・ダニ駆除・ムカデ駆除
・すずめ(雀)対策・カラス(烏)対策・コウモリ(蝙蝠)対策
・イタチ駆除・イタチ対策
・不快害虫全般の防除・床下湿気・調湿・カビ対策
・床下換気扇 ・パイプクリーニング・排水管洗浄工事
・住宅機器販売・施工・保守業務・住宅リフォーム
・コンクリート基礎補修工事・ペストコントロール・消毒
・空き家管理・営繕サービス・害虫害獣予防・害虫害獣駆除

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (19 投票, 平均点: 4.79)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策研究所へ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら