HOME
シロアリ駆除.com シロアリ駆除.comとは 料金一覧 施工までの流れ よくある質問
更新

 【必見】危険で獰猛なスズメバチの生態及び特徴

見積もり バナー

スズメバチには刺激するな・近寄るな・速やかに場を離れろが大事です!

蜂駆除・蜂退治は速やかに弊社へ連絡下さい!!


(キイロスズメバチ屋根裏の巣)

スズメバチは攻撃性と集団性で驚異的な存在で、
ご周知のとおりスズメバチに刺されると命を落とす危険性があり
毎年全国で何人もの方がお亡くなりになっています。
日本に生息する危険生物の中でも特にスズメバチはクマよりもはるかに危険生物で
多い場合は全身に100近い集中攻撃も決して珍しくありません。

コダカスズメバチはちはちはち

 

獰猛で危険なスズメバチの種類

スズメバチは住宅や畑、野原、山林、公園などで普通に見られる昆虫生物です。
バーベキューの最中や公園で遊んだ時など、
飲み残した甘いジュース等のニオイに誘われて
やって来る場合があるため何度かお目にかかっているのではないでしょうか。

日本に生息するスズメバチの種類
スズメバチ属 クロスズメバチ属 ホオナガスズメバチ属
オオスズメバチ クロスズメバチ キオビホオナガスズメバチ
キイロスズメバチ シダクロ スズメバチ シロオビホオナガスズメバチ
コガタスズメバチ ツヤクロスズメバチ ニッポンホオナガスズメバチ
モンスズメバチ キオビクロスズメバチ ヤドリホオナガスズメバチ
ヒメスズメバチ ヤドリスズメバチ
チャイロスズメバチ
ツマグロスズメバチ
ツマアカスズメバチ

日本で生息するスズメバチの種類は、
「スズメバチ属8種」「クロスズメバチ属5種」「ホオナガスズメバチ属4種」
の合計3属17種のスズメバチが生息しています。
特にスズメバチ属であるオオスズメバチキイロスズメバチによる
刺傷事故が毎年多く発生していて大変危険な種です。

 

オオスズメバチ

世界最強!体長・巣の規模・毒の量・攻撃力などスズメバチの中でトップクラス!!

オオスズメバチ
写真 オオスズメバチ オオスズメバチ巣 
体長 女王蜂で40~45mm。働き蜂30~40mm。 
生息地 北海道から九州まで日本全国に分布。 最南で屋久島、種子島の生息が確認されている。
営巣場所 閉鎖空間。(倒木などの樹洞・地中など) 
危険度 ★★★★★ 危険度MAX! 

スズメバチ類の中で最も大型で、なわばり意識が高く強力な毒を持ち、
かつ攻撃性も非常に高く巣の周辺だけでなく
樹液があるエサ場においても威嚇行動や攻撃を仕掛けてくることもあり、
気が付かないで巣に接近した場合は襲撃されることが多くみられます。
オオスズメバチの巣は、
多くが地中など目につきにくい場所である倒木や地中など
閉鎖空間につくられるため発見が難しく、近くを通行する際、
巣に振動が伝わった場合や気付かずに足を踏み入れてしまった場合など、
敵だと認識した場合は攻撃を仕掛けてきます。
特にその他のスズメバチと比べオオスズメバチは、
エサ場のなわばり意識が非常に強く、
近付いただけでも一斉に攻撃してくることがあるので大変危険です。

オオスズメバチは、クヌギなどの樹液などをエサとして採取します。
また、他のスズメバチの巣やミツバチなどの巣も襲撃したり、
エサが少なくなってくると集団で大型肉食昆虫のカマキリ、コガネムシ、
カミキリムシなども捕食して肉団子にし、巣に持ち帰り幼虫のエサとします。

(11月までは活動中! オオスズメバチについてはコチラ) 
(ミツバチ・オオスズメバチの天敵についてはコチラ)

 

キイロスズメバチ

都会でも適応する順応性!気性が荒いスズメバチで最も刺傷事故が多く巣の大きさは最大級!!

キイロスズメバチ
写真  キイロスズメバチ 
体長 女王蜂:25~28mm。働き蜂:17~24mm。
生息地 本州・四国・九州などに分布。
営巣場所 開放空間・閉鎖空間などさまざま。 一定数を超えると他の場所へ引っ越しする習性がある。
危険度  ★★★★☆ 

比較的小型なハチですが、
オオスズメバチと並んで攻撃性が非常に高く、最も危険なハチの一種です。
特徴として体の模様の黄色の部分が広く他のスズメバチと容易に見分けがつきます。
キイロスズメバチは、木の枝などの開放的な場所や、
民家の軒下、天井裏、床下など場所を選ばず、さまざまな場所に大きな巣をつくります。

都市環境に対する適応能力が高く、色々な場所で営巣し、
知らない間に巨大な巣が出来ている場合があり非常に驚かされます。
スズメバチの刺傷事故では、キイロスズメバチによる事故が大変多くみられます。

スズメバチの中でも最も活動期間が長く、
3月の終わり頃から11月まで活動を続けています。
キイロスズメバチは幅広いものをエサとします。
ハエ・セミ・トンボ・アブ・蜘蛛・ミツバチ・アシナガバチ等
飛んでいる昆虫だけでなく、死んだ魚やカエルなども食し、
甘いものも好み樹液や花の蜜・果実等も摂食します。

(危険!キイロスズメバチについてはコチラ)

 

コガタスズメバチ

都会に適応しやすい中型のハチ。巣を攻撃すると攻撃は激しい。

コガタスズメバチ
写真  img42beb491zikazj 
体長 女王蜂:25~30mm。働き蜂:22~28mm。 
生息地 北海道から九州まで日本全国に分布。 
営巣場所 開放空間。(木の枝・軒下など) 
危険度 ★★★☆☆ 

オオスズメバチと見た目がよく似ており、見分けるのが困難です。
巣の大きさは比較的小さく、
性格的に大人しいので刺激を与えない限りは攻撃性はあまり高くはありません。
キイロスズメバチと同様、都会や住宅街など順応しやすい性質です。

 

ヒメスズメバチ

オオスズメバチに次いで大型。威嚇性が高いが攻撃性・毒性が低いハチ。

ヒメスズメバチ  
写真 ヒメスズメバチ 
体長  女王・働き蜂ともに24~37mm。 
生息地 本州以南。 
営巣場所 閉鎖空間。(床下・壁間・天井裏・地中・樹洞など) 
危険度 ★★☆☆☆ 

腹部は黄色と黒色のしま模様で、
お尻の部分が黒く、他のスズメバチとの区別が容易に出来ます。
幼虫のエサは、アシナガバチの幼虫や蛹のみです。
キイロスズメバチやコガタスズメバチの巣も襲います。

 

モンスズメバチ
攻撃性・毒性は高く日没後も数時間は活動するハチ。

モンスズメバチ
写真 266261635_d507fe68b2_b 
体長 女王蜂:28~30mm。働き蜂:20~28mm。 
生息地 北海道から九州まで日本全国に分布。 
営巣場所 閉鎖空間。(天井裏・壁間・樹洞など)引っ越し習性あり。 
危険度 ★★★☆☆ 

モンスズメバチは、世界中でもヨーロッパから日本まで幅広く分布しています。
コガタスズメバチとよく似ており、
よく見間違えられますが腹部や目の特徴で見分けることが出来ます。
最近では数が減少傾向にあり限られた地域での発生が見受けられます。

バッタやトンボ、セミなど大型の昆虫を幼虫のエサとしています。

チャイロスズメバチ

他のハチの初期の巣を乗っ取る数少ないハチ。

チャイロスズメバチ
写真 Exif_JPEG_PICTURE 
体長 女王蜂:約30mm。働き蜂:17~27mm。 
生息地 中国地方より北に分布。 
営巣場所 他のスズメバチの巣を乗っ取る。 
危険度 ★★★★☆ 

攻撃性・威嚇性ともに強く、巣に近付くと群れをなして独特な方法で飛び回ります。
スズメバチの中ではやや小型の種で、
全身が黒・茶色をしてるため他の種との判別は容易に出来ます。

女王蜂は越冬した後、他の種より遅めに活動を開始し、
キイロスズメバチやモンスズメバチなど他の種の初期の巣を襲い、
相手の女王蜂を刺し 自分の娘となる働き蜂が羽化するまで、
乗っ取った巣の働き蜂に働いてもらいながら
次第にチャイロスズメバチの巣とする習性があります。

 

クロスズメバチ

小型で全身が黒く、白色と黒色のしま模様が特徴のハチ。

クロスズメバチ
 写真 クロスズメバチ 
体長 女王蜂:約15mm。働き蜂:10~18mm。 
生息地 北海道から九州まで日本全国に分布。最南は奄美大島。 
営巣場所 閉鎖空間。(大半は地中) 
危険度 ★★☆☆☆ 

クロスズメバチは、スズメバチの中でも攻撃性・毒性ともにそれほど強くありません。
全体的に黒色で、他のハチとは容易に判別可能となっています。

幼虫のエサは、ハエや蜘蛛など、小型の昆虫を捕食します。
営巣場所は基本的には地中ですが、まれに樹洞や天井裏などにも営巣します。

見積もり バナー

スズメバチの活動期間

スズメバチの活動期間は春から秋にかけてです。
冬の間は、巣そのものの活動が停止し、
女王蜂以外の働き蜂は冬を越すことが出来ずに死んでしまいます。

キイロスズメバチ→オオスズメバチ→モンスズメバチ→
コガタスズメバチ→ヒメスズメバチの順に活動しだします。

特に夏から秋にかけて非常に活発に活動し、
スズメバチによる被害は8~9月に集中しています。

はちはちはちはち

(スズメバチの1年の様子についてはコチラ)

 

スズメバチの巣の特徴

スズメバチ巣 初期1 キイロ巣1

スズメバチの種類によって多少異なりますが、
一般的にスズメバチの巣は大型のものが多く、キレイなマーブル模様をしているのが特徴です。

(スズメバチの巣と見分け方についてはコチラ)

巣の材料は、枯れ木の木質の部分や、樹皮をかじり取ったもので
これを唾液と混ぜ、団子状にして巣に持ち帰ります。

巣に持ち帰ると、巣の材料となるものを細かくかみ砕き、
大アゴと前肢を器用に使い、薄くのばしながら表面へ貼るように巣をつくります。

スズメバチの巣がなぜあのようなマーブル模様になるのかというと
多くの働き蜂が巣の材料となるものを持ち帰ってくるため、
木の質など材料の違いなどから多少色が異なり、あのような模様に仕上がります。

また特徴的な模様以外にも、スズメバチの巣には
外殻でおおわれたボール状の形をしているという特徴があります。

この外殻は保温効果がある他、多くのアリなど外敵を防ぐ効果があります。

このように働き蜂の数が増えるのに伴い、巣はどんどん大きくなり
平均10~40cmの大きさまで成長し、最大で100cmを超える巣が出来ることもあります。

スズメバチの巣は種類によって違いますが、目が届きにくく、気付かれにくい場所に営巣します。
そのため、家の周りや近所でハチが飛ぶ数が急に多くなったり、
一定の方向にハチが飛ぶようになると巣が近くにある恐れがあるので注意が必要です。

スズメバチの巣作りは4~5月頃に越冬から覚めた女王蜂が単独で行います。
その後1ヶ月間、巣の中には女王蜂と幼虫しかいないため、
女王蜂は攻撃性がなく、ハチ駆除も比較的簡単にすることが出来ます。

しかし夏から秋にかけて働き蜂の数がどんどん増え、
働き蜂の数が多くなると、外敵に対する攻撃性は高くなり危険性が増します。

10月以降になると新女王蜂やオス蜂が誕生してきます。
翌年に向け、新女王蜂とオス蜂の交尾が行われ、次第に巣の勢いは衰えていきます。

しかし、種によっては10月以降も働き蜂が活発に活動している場合があるので油断できません。

働き蜂の数が多くなると、エサもたくさん必要となってきます。
しかし働き蜂の数がピークを迎える秋頃になると、エサとなる虫自体の数が減ってくるため、
スズメバチも過敏になり攻撃性が増してくる種もあります。
また、ハチをエサとする生物にとって、ハチの巣はエサの宝庫となるため
働き蜂は外敵から巣や自分自身、仲間の身を守るため余計に過敏に反応する傾向となります。

はちはちはちはち

(アシナガバチの巣を見分ける方法とスズメバチとの違いについてはコチラ)
(冬の巣は空!新女王となるハチは越冬中!についてはコチラ)

 

スズメバチが人を刺す理由

夏から秋にかけてスズメバチの刺傷事故のニュースを毎年耳にします。
ハチにはさまざまな種類がありますが、人を刺すハチは限られた種のみです。

しかしスズメバチによる被害は毎年多く発生し、多くの命が犠牲となっています。
この増加するハチ被害の大半はスズメバチによるもので、
特に都市環境での適応能力に優れ、人間の生活圏に多く巣を作るようになってきた
「キイロスズメバチ」と「コガタスズメバチ」が多く被害をもたらしています。

スズメバチは非常に攻撃性が高く、とても繊細な神経を持っていると言われ
巣の統一性を強く持とうとする傾向にあり、子孫をより多く残そうと
働き蜂の数を増やそうとするだけでなく、巣を大きく発展させようとします。

その為スズメバチの巣は、しっかりとした外殻に包まれ
巣にひとつしかない出入り口には見張りのハチも待機し、全力で巣を守ろうとします。

ハチの巣の中には多くの子ども達(幼虫など)が存在し、
その子ども達は体の表面が柔らかく、敵から見ると非常に優れたタンパク質なのです。
しかし、幼虫は自らを守ることは出来ません。
そんな大切な子供たちを命懸けで守ろうと、
巣を攻撃されたとみなした場合には、巣から一斉に飛び出し攻撃を仕掛けます。

つまり、わたし達人間が攻撃される場合はハチ自体や巣に近付いた場合や、
巣を刺激した場合に限られ、それ以外は基本的に攻撃してくることはありません。

ただし、過去にイタズラなど何かしらの刺激を与えられている巣の場合は
巣から5~6m離れている場所を通りかかっただけでも刺される被害があるケースもあります。

スズメバチの巣には決して刺激を与えないよう注意しましょう。

はちはちはちはち

(人を刺すハチの代表的な種類についてはコチラ)

 

スズメバチの攻撃と被害

スズメバチは攻撃性が非常に高く、気性の荒い性格をしていますが、
基本的には、こちらから刺激しなければ刺してくることはありません。

(ハチの攻撃とスズメバチの攻撃についてはコチラ)
(スズメバチの攻撃と、ハチに刺された時の対処法についてはコチラ)

スズメバチが攻撃を仕掛けてくるまで
偵察 巣の数m~10m以内・エサ場に近付くと、巣や周りを飛んでいるハチが偵察に出てくる。
威嚇 大顎で「カチカチ」とこれ以上近寄るなと警告を示してくる。
小刻みに羽をはばたかせ、羽音をさせ敵と判断した周りを飛ぶ。
攻撃 大量のハチがハチの巣から一斉に飛び出し攻撃をしてくる。
スズメバチは慌てて逃げても数十メートルは追いかけてくることもあり大変危険。

 

スズメバチは幼虫のエサとなる昆虫や
巣に危害を与える敵・エサ場を荒らす・邪魔される対象物を敵とみなします。
敵が巣に近付いて来たり、攻撃を仕掛けられたりした場合、
まずは相手が敵なのか判断するため偵察をはじめます。
相手を敵だと判断すると「これ以上近付くな」という様々な警告をしてきます。
ハチのサインを気付かなかったり無視していると一斉に飛び出してきますので危険です。
ハチの警告やサインが出た場合は素早い行動を避け、手でふり払ったりは決して行わない事。
巣から離れていくと人を攻撃してくる可能性は低くなります。

はちはちはちはち

(代表的なハチの攻撃対象についてはコチラ)
(ハチの活動時期と攻撃性が高まる時期についてはコチラ)
(ハチの攻撃と被害を防ぐ方法についてはコチラ)

 

野外で活動する時の注意・ハチ対策7つのポイント

①黒い服はなるべく避ける
ハチは黒いものを襲って攻撃を仕掛けていきます。薄い色か白を着用しましょう。
(蜂に狙われやすい色がある?についてはコチラ)

②帽子・長袖・長ズボンを心掛ける
 肌の露出を控え肌を保護しましょう。

③ジュースや甘いものを飲みかけ・食べ残さない
 甘いにおいを嗅ぎ付けてハチが寄ってくる場合があります。

④整髪料・化粧品・香水に気を付ける
 ハチを興奮させる成分が入っている場合がありニオイにも敏感です。

⑤ハチ専用駆除スプレーを携帯する
 襲われた場合、被害を最小限に食い止められます。ホームセンター等で購入出来ます。

⑥巣を見つけても決して近寄らない事
速やかに巣のある場所から離れること。大声を出したり急な動きは控えること。

⑦ポイズンリムーバーを携帯する
応急処置として必携品で毒液を吸い出す吸引器です。

はちはちヒメスズメバチ巣Exif_JPEG_PICTURE

(野外でハチに刺されないようにするにはコチラ)

 

スズメバチに刺された!すぐさま救急車を!!
到着までの応急処置手遅れになる前の30分が勝負です!

●頭を低くし足を高くし仰向けの状態に寝る

●吐き気やおう吐している場合は横向けになる(嘔吐が詰まらないように)

●患部の毒を絞り出し流水で洗い流す(口で吸いださない事)

●患部が手足の場合、心臓に近い方を紐などで縛る(10~20分置きに縛る場所を緩める)

※個人差により一度刺されてる方は危険です!
ハチ毒による過敏反応(アナフィラキシーショック)はアレルギー症状でとても危険です。
少しでもじんましんが出たり、胸の締めつけ感・立ちくらみ・呼吸の苦しさが出たら最寄りの病院へ。
全身症状になるとめまいやじんましん・脱力感・幻聴・低血圧・呼吸困難・意識の薄れなど色々な症状が表れてきます。

ハチ毒には痒みや痛み・溶血作用・アレルギー・神経毒・組織破壊・白血球遊離など
色々な種類の毒がミックスされており体質的に過剰な反応を示しショック状態にいたる場合があります。

P1020685IMG_4918IMG_485363065w100h100

(ハチに刺された時の症状についてはコチラ)
(ハチの毒成分と刺された時の症状についてはコチラ)
(アナフィラキシーについてはコチラ)

ハチの間違った誤解

誤解①スズメバチは刺したら死ぬ
ミツバチの毒針には【かえし】がついているので内臓ごと抜けるので死にますが
スズメバチには かえしがついていませんので執拗に何度でも刺す事が可能です。
強靭な顎で服を噛みながら刺してもきますので振り払っても取れない場合もあります。

誤解②刺されたらおしっこをかければいい?
効き目はありません。かえって氷で冷やすのが効果的です。
痛みを和らげるには抗ヒスタミン剤の内服を。
刺されたらポイズンリムーバーなどで毒を吸い出すのも効果があります。

誤解③虫よけスプレーなど使用すれば寄ってこない?
スズメバチに関しては全く効果はありません。

誤解④スズメバチの巣は翌年には再利用?
どんなに大型な蜂の巣であったとしても越冬は出来ません。
翌年にはまた新しいハチの巣を1から作り始めます。

誤解⑤ハチ用駆除スプレーで退治しても良い?
知識も経験も少ない方がスズメバチや蜂駆除に手を出すのは大変危険です。
ハチ専門スプレーは遠距離タイプもありますが
中身噴出が一気に出てきますので すぐに無くなってしまいます。
外に出ている巣に戻るハチが攻撃態勢に入る上、
巣の中 にいるハチも一斉に出てくるためにスプレー駆除で何本もかかるうえ
壁の中や屋根裏など の場合は完全に駆除できない・経費がかかる・
刺される危険性がある・屋根裏などは 落ちる場合もありますので
完全なる巣の撤去やハチ駆除はトータルで考えると専門家に駆除してもらうことが得策でしょう。

P9231939-500x375PB182853-500x375hIMG_4796 - コピー

 

 IMG_4787 熊本市西区:屋根裏に出来たキイロスズメバチの駆除で大変お世話になりました。
同居の子どもさんが刺されたら大変という事での依頼でした。
スズメバチ駆除でお世話になりご主人様もホッと胸を撫で下ろし 喜んで頂けました。
 IMG_4794  熊本市北区:店舗の外にあるスズメバチ駆除依頼でした。お客様が巣の付近を 通られたら危険との事で速やかに対処させていただきました。
他の店員さん等、駆除後の巣を見られビックリした様子でしたが 店員さんはじめ店長さん・お客様が刺されることがなく早めに駆除 対応出来て良かったです。

(お客様対応:一部抜粋)

syatyou01

(株)熊本美水の蜂駆除における7つのモットー

スズメバチなど害虫駆除専門業です。
蜂は巣に接近したものに対して警戒、攻撃する習性があります。
巣を見つけましたらそっとその場を立ち去りすぐにご連絡ください。
プロの駆除担当者が迅速に安全に蜂駆除、巣の撤去をいたします。

駆除作業の際にはお客様の安全は第一ですが近隣や付近の通行されている方への
二次被害がないよう最善の作業方法を考え作業いたします。

また天井裏や床下などに営巣を作り侵入口がない場合でも
当社にて点検口を作成し駆除いたしますので何なりとお尋ねください。

 

その1 迅速な対応!

蜂の被害は人命にかかわる程に危険性が高く、迅速な対応が求められます。
(株)熊本美水ではご依頼を受け付けた当日の対応を基本としています。
お客様の都合で当日の対応が困難な場合は最短の日程でお客様の対応しております。

その2 蜂を逃がさない工夫!

蜂の駆除においては、蜂を逃がさずに駆除する事が大切で
蜂は人間が近づくと警戒のため巣から出て攻撃準備に入ります。

出来るだけ蜂を巣から出さず、また出てきた蜂を出来るだけ駆除するために
蜂を刺激しないように接近する事はもちろんですが、
出てきた蜂に対しては大小のネットを使用して蜂を一箇所に閉じ込め蜂の駆除施工致します。

その3 家屋や壁などに傷を付けない工夫!

天井裏、床下、壁の隙間などにも蜂は危険な巣を作ります。
このような場合、天井や壁を切り抜くなどの工事が必要になることがあります。
弊社では極力そのような工事を行わないように
薬剤処理と蜂の出入り口の閉鎖をメインに作業を行います。

その4 機材を使用しての駆除!

蜂防護服、狭い隙間の奥や屋根裏、蜂の巣がある場合などはファイバースコープの使用
閉鎖箇所に薬剤が充満した場合などは強制換気、
ハシゴが届かない場所には高所作業車を使用するなど、
様々な機材設備を用いてあらゆる場合に対応出来るようにしております。

その5 蜂駆除後も安心のワンシーズン・アフターサポート!

戻り蜂対策が特に重要です。
蜂の巣を除去しますと、巣があった場所に出かけていた蜂が戻ってくることがあります。

当社では、戻り蜂対策として巣があった箇所に粘着マットを設置して対策を図ります。
戻り蜂が捕まったこの粘着マットは後日回収に伺いますので、ご訪問は必ず2回行います。
駆除後もきちんと問題がないかチェックいたしますのでお客様満足いただけると思います。

その6 立会い無しでも駆除致します

当社ではお客様の許可があればご不在時でも
スタッフが駆除作業を行い、後日報告書を提出いたします。

平日お仕事等でお留守中の場合や急な用事が出来た時、
買物に出かけたい場合などにも便利です。まずはご相談下さい。

その7 駆除後の現場写真、蜂の巣の写真も差し上げます

ハチ駆除後も周辺に蜂が残っている可能性もありますので、
すぐに近付くことは大変危険です。

そこでスタッフが駆除後の現場を撮影し、ご希望のお客様には
状況を確認して頂くため、写真を後日郵送または直接お持ちいたします。

 

 

最近は蜂用スプレー等をお客様が使用され、
ハチに刺されるケースが非常に増えています。

蜂駆除専門家からみると大変危険です!
市販のスプレーは勢いよく飛ばす為すぐに無くなり何本も必要になります。
予算も想像以上に重なる上、他の蜂を刺激してしまい刺された事例もあります。
2014年度だけでもご自分で試され、
刺されたのち当社に依頼された方は15件を軽く超えました。

当社では蜂の巣をきれいに取る技術もあり、不慣れな業者さんが行えば、
蜂の巣をボロボロに壊してしまったり、危険な蜂が近隣を飛び回ったり、
お家の軒先や壁・天井など壊してしまうなどのトラブルも発生いたします。

当社では蜂専門の熟練のスタッフが行いますので、
全ての作業は当社にてお任せいただき、
安全のためお客様はご自宅内に避難していただいております。
安心してお問い合わせください。再発保障も致します。

 

・革新する先進技術と経験で徹底的に蜂駆除を行います。
・社員教育に力を入れ、礼儀礼節・心配り・お客様第一主義で応対させて頂きます。
・安心の明瞭価格と手厚いアフターサービス。
・蜂駆除施工の全てに、シーズン保証をしております。
シーズン保証=施工した翌年の3月まで
同じ場所に巣が出来た場合、無料で駆除しております。
蜂の種類、お客様で判断が難しい場合は、まずはお電話ください。
当社専門スタッフがスズメバチの巣や周辺の状況を詳しく聞き取りさせていただきます。

 

蜂の巣の大きさや場所、駆除作業の難易度により料金は異なります。
ご連絡の際に、以下の項目をお知らせ下さい。


ハチの種類(ご存知の範囲で結構です)
□巣の大きさ(例:ソフトボール大、バレーボール程度等)
□駆除の対象となる巣の個数
□巣を作っている場所(例・庭の木の枝、軒下、ベランダ・小屋等)

巣の場所・大きさ等により料金が異なります。まずはご相談下さい。 

 

(株)熊本美水ではお客様第一主義としています。
お客様のご要望に出来るだけ添えられるよう休日・営業時間外でも対応できる体制を整えています。
問合せにつきましては、弊社HPのお問合せフォームに記入して頂くかお気軽にお電話下さい。

社長2 ハチ

(対応地域):熊本市・合志市・菊池市・荒尾市・玉名市・山鹿市・阿蘇市・宇城市・宇土市・八代市・水俣市・人吉市・上天草市・天草市・上益城郡益城町・山鹿市・美里町・玉東町・南関町・長洲町・和水町・大津町・菊陽町・南小国町・小国町・産山村・高森町・西原村・南阿蘇村・御船町・嘉島町・甲佐町・山都町・氷川町・芦北町・津奈木町・鏡町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・多良木町・球磨村・あさぎり町・苓北町その他熊本県内全域対応

 (県外対応地域):福岡県一部(大牟田・八女)・長崎県(島原市)・鹿児島(出水市・阿久根市・薩摩川内市)宮崎県えびの市まで対応致します。

記事の内容はいかがでしたでしょうか。この記事がお役に立てましたら、ポチっと評価を頂けると幸いです!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (21 投票, 平均点: 4.57)
Loading...
ネズミの駆除から対策までをまとめたサイト ネズミ駆除対策研究所へ
pagetop sitemap
料金シミュレータ 当ページを初めてみられる方へ 無料相談はこちら